加齢に伴い、誰でもなりうる老眼。

 

「自分はまだ若いから関係のないこと」

と思っていても、実は若い人でも

老眼と同様の症状が出ることが

あると言われています。

 

一般的に老眼になると近くのモノが

見えずらく、近視とはまた違った

違和感が出るようになります。

 

今回は、この老眼の原因や予防法

について解説していきます。

■ 老眼とは

老眼とは、目のレンズとして働く

水晶体が老化して固くなり

その水晶体の厚さ調節している

毛様体筋がどんなに力を入れても

水晶体がびくともしなくなることです。

 

老眼の主な症状は

  • 近くのモノが見えにくくなる
  • 細かい字が見えずらくなる
  • 薄暗い場所で見えにくくなる
  • 頭痛や肩コリが生じる

の4つが代表的です。

 

■ 老眼の原因

老眼の原因には主に加齢による老眼と

眼精疲労による老眼

2つの種類があります。

 

老眼は歳を取れば誰にでも

起こりうることであり、早い人で

40歳頃から老眼による違和感が

出はじめると言われています。

 

ただ、水晶体の老化自体は

20代ごろから既に始まっていると

言われているため発症にも

個人差があります。

 

しかし、スマホやパソコンなどの

普及により、若い人でも目を

使いすぎることが原因で老眼に似た症状が

出るケースが近年増えてきました。

 

続けて目を使っていると毛様体筋に

負担がかかり続け、正常通りに

水晶体の厚さを調節できなくなるので

老眼と同じような症状が出ます。

 

一時的な眼精疲労と勘違いしてしまう

こともありますが、それが日常的に

繰り返されれば、気づいた時には

老眼が進行していたというケースも

あるそうです。

■ 老眼の予防方法

基本的に老化による老眼を防ぐことは

できませんが、近くが見えずらいと

老眼の症状を感じたら早めに老眼用の

メガネを付けることが大切です。

 

まだ大丈夫と思って

無理にモノや字を見ようとすると

変えって目が疲れてしまい

逆効果となってしまいます。

 

老眼用のメガネやコンタクトも

見え方に慣れるまでに時間がかかるので

早い段階で老眼用のメガネを付ける方が

良いです。

 

また、バランスの良い食事で

しっかりと栄養を取ること

非常に重要とされています。

 

目に良いモノの代表例は

  • ブルーベリー
  • 緑黄色野菜
  • ワカメやひじきなどの藻類

であり、老眼予防だけでなく

目の健康を維持するなら、これらの

食品は積極的に取り入れましょう。

 

眼精疲労による老眼は

とにかく目を適度に休めること

最も重要です。

 

私自身も、スマホの画面を

ずっと見つづけているうちに

逆に近くがぼやけて視力が

不安定なことが何度かありました。

 

目が疲れたなと思ったら

一度、視線を別のところに移して

目の筋肉を休めましょう。

 

 

疲れ目に効果抜群!目の疲れを簡単に取り除く6つの方法!

こちらの記事にも少し書きましたが

1時間に1回、10分程の小休止を

入れたり、蒸しタオルやマッサージで

目の血行を良くして、疲れを

溜め込まないようにしましょう。

 

■ まとめ

老眼は加齢に伴い誰にでも

起こりうることですが、若い人でも

日常的に目を酷使していれば

老眼の進行を早めてしまいます。

 

加齢よる老眼は仕方がないとしても

自ら老眼を早めてしまうことだけは

極力避けたいところです。

 

日頃からスマホやパソコンの

画面を見つ続けている方は時に

小休止を挟み、目を休めることを

オススメします。

 

老眼予防は年齢に関わらず

早期の予防に越したことはないので

普段から目の健康についても

大切にしていきましょう。

参考になれば幸いです。