【完全再生はできるのか】歯科における再生医療の現状とは?

kenkyu

常に技術が進歩している医療

歯科医療も日々進化を続けており

最新の歯科医療も期待されています。

中には歯を完全に再生するという

素晴らしい研究も進められているようです。

今回は、その歯科における

最新医療の現状や課題などを

簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 歯は再生できるのか?

現状で失ってしまった歯を

再生するには主に、インプラントや

入れ歯、ブリッジなどの治療法で

歯を再生させます。

しかし、これらは自分自身の

歯では本来なく、人によっては

体質的に人工的な歯が合わない

ことがあると言われています。

特に、インプラントの場合は

確かに安定した歯となりますが

歯根膜という歯を支えるクッションが

存在しないため物をかんだ時に

違和感があることもあります。

歯科のインプラントって一体何?そのメリット・デメリットとは?

ただ、最先端の歯科研究において

再生させた歯はこの歯根膜まで

しっかりと形成されることが

判明してきました。

ただこれはまだ、マウスによる

動物実験の段階なので人間に

適応されるかは分かっていません。

現段階では、マウスから歯の元となる

歯杯を取り出し、その細胞を使って

人口的な歯杯を作り出すという

ところまでは成功しています。

ただ、確実に再生医療の研究が

進められているのは確かであり

iPS細胞なんかは近年大きな

話題となりましたよね。

また、口内は体のどの部分よりも

傷の治療が早い特徴があるので

歯の再生医療が他の再生治療よりも

早く治療法が実現するのではと

期待されています。

今ではまだ試験段階ですが

歯科のにおける再生医療の分野は

今後、数年間の近い間に何か

新たな動きがあるかもしれません。

スポンサーリンク

■ 再生医療の課題

確かに魅力ある再生医療ですが

これにはまだまだ多くの課題が

残されています。

研究が高度で難しいというのも

もちろんありますが、もうひとつの

大きな課題として倫理的な問題

どうしても付きまといます。

これは再生医療全般に言えることですが

その研究で生み出した最先端の

再生医療法を人間に適応するのには

倫理的に問題が発生します。

動物(マウス)で成功したとしても

必ずしも人間で成功するわけではなく

何らかの異常が発生することも

ないとは言い切れません。

そのため人に適応するためには

いくつもの実験と段取りが

必要となるのですぐに適応する

というのはなかなか難しいです。

■ まとめ:数年後には何か動きがあるかもしれない

歯科における再生医療は他の分野と

比べても進歩が比較的早く

様々な課題があるにしても

現実的に最も実用化の可能性が

高いといっても過言ではないです。

歯を完全に直すことができるように

なればインプラントや入れ歯でも

治せないような重度の病気であっても

治すことができるようになる

可能性も高くなります。

私たち素人にとってはただ

待つことしかできませんが

最先端の医療についても積極的に

情報を収集しておくことを

オススメします、

近年、再生医療の発展は凄まじいので

歯科医療なら数年後にも何か

新たな治療法が確立されると

個人的には予想&期待しています。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加