【ルールを守る】お酒を飲む時に気をつけたい4つの注意事項とは

趣向品として愛されているお酒

飲み会などに限らず家でも好んで

飲む方も多いのではないでしょうか。

適度な飲酒は体に良いとも

言われていますよね。

ただ、過剰に飲み過ぎる又は

その人の体調などの状況によっては

体に様々な悪影響をもたらします。

飲酒をするなら正しい知識を身に付け

上手に付き合いたいところです。

今回は、このお酒を飲む時に

気をつけるべきポイントについて

解説していきます。

スポンサーリンク

■ 飲酒の注意事項

■ 顔が赤くなる人は無理に飲みすぎない

よくお酒を飲むと顔が赤くなる

人がいますが、ビール1杯程で

顔が赤くなる人は、基本的に

お酒に弱い体質だと思うと良いです。

アルコールは肝臓で分解されると

アセトアルデヒドという物質が

発生します。

ただ、このアセトアルデヒドは

二日酔いの原因となったり

DNAと結合することで様々な疾患に

繋がるなど毒性の強い物質です。

本来なら、アセトアルデヒドも

再度分解されるため無害なものに

なります。

しかし、アセトアルデヒドの

分解の能力が弱いと分解されるのに

時間がかかるので血行促進作用が

長時間留まり、血管が拡張することで

顔が赤くなってしまうのです。

特に、日本人はアセトアルデヒドの

分解能力が低いと言われているので

お酒に弱い人が比較的多いです。

通常でも1日に缶ビール1~2本が

目安の適量とされています。

少し飲んで顔が赤くなるような方は

無理に飲み過ぎないようにしたいです。

体内のアセトアルデヒドが過剰に

多いと、頭痛や不快感、吐き気を

伴うことがあるので十分に

気をつけましょう。

スポンサーリンク

■ 女性や高齢者は飲酒の量を少なめに

一般的に女性や高齢者の飲酒量は

できるだけ少ない方が良いと

言われています。

女性や高齢者はアルコールの

分解速度があまり早くないので

アセトアルデヒドの分解も

遅い傾向にあります。

そのため飲酒によって顔が

赤くなりやすいです。

他にも臓器障害のリスクが高まったり

発がんのリスクも高いとも

言われています。

女性や高齢者は1日に約350mlの

缶ビール一本以下の飲酒

望ましいとされています。

■ 飲み過ぎは絶対にしない

お酒に強い、弱いにかかわらず

自分のアルコール処理能力以上の

飲酒をしてしまうと、脳が萎縮したり

高血圧や脂肪肝、栄養吸収障害など

様々な悪影響を及ぼします。

たまに飲むから沢山飲みたいという

気持ちになることもあるでしょうが

一時に大量に飲むのは良くないです。

もちろん一気飲みも絶対に止めましょう。

急性アルコール中毒を引き起こして

冗談では済まない事態に

なることもあります。

■ これら時には禁酒するべき

  • 薬を服用しているとき

薬の種類によってはアルコールによって

薬の働きが抑制されたり、逆に薬の

効果を強めてしまうことがあります。

副作用等が強く発生することも

あるので、基本的に薬を服用している

時には、飲酒を控えましょう。

  • 運動前や入浴前の飲酒

お酒は血行を促進させて体温が

上昇する効果があります。

そのため、運動前や入浴前にお酒を

飲んでしまうと、不整脈や血圧異常を

引き起こす危険があります。

  • 妊娠中の方

妊娠中にお酒を飲んでしまうと

アルコールが胎盤を通って

直接、胎児に届いてしまい

胎児に悪影響を及ぼすことがあります。

妊娠中の飲酒は生まれてくる赤ちゃんを

奇形にしたり、健康を損うリスクを

増やしてしまうので極力

飲酒しないようにしたいです。

■ まとめ:ルールを守って良いお酒を

このようにお酒は体に様々な

影響をもたらすので自分の体質に

合った適量を守らないと重大な事故や

病気に繋がることもあります。

【飲み過ぎは危険】 酒を飲むことの4つのデメリットとは?

お酒に対する正しい知識を

身につけて、ルールを守り

お酒と上手に付き合いましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加