【虫歯とは違う!?】酸蝕歯とは一体何?その原因と治療法とは

sansyks

皆さんは、虫歯や歯周病でもないのに

歯がしみたりして

痛むことがありませんか。

それはもしかしたら

酸蝕歯かもしれません。

酸蝕歯は意外にも虫歯、歯周病に

並ぶ口内のトラブルとして

注目を浴びるようになった

現代病とも言える歯の病気です。

今回は、この酸蝕歯(さんしょくし)の

原因と治療法について解説していきます!

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 酸蝕歯とは

まず、酸蝕歯と虫歯の違いを

簡単にまとめると

虫歯は虫歯菌、すなわちプラークが

糖分を摂取した時に発生させ

その酸が原因となっています。

一方の酸蝕歯の場合は

食べ物、飲み物に含まれる酸

そのものが直接歯を溶かしてしまう

ことが原因です。

歯の一部分から侵食が始まる

虫歯とは違って、歯全体が

薄く溶けるのが酸蝕歯です。

酸蝕歯は細菌が原因ではないのが

決定的な違いと言えます。

症状としては

  • 冷たい物、暖かい物がしみる
  • 歯にツヤがなく黄色っぽい
  • 歯の角がなく丸みを帯びている

様な症状が現れます。

さらに酸蝕歯を放置すると

歯が透けて見えたり、

最悪知覚過敏などの辛い

症状に悩まされるようになります。

スポンサーリンク

■ 酸蝕歯の原因

酸蝕歯は酸の強い物を頻繁に

口の中に含むことにより

歯が溶かされていきます。

その根本的な原因として

挙げられる食品は

  • コーラなどの炭酸飲料
  • スポーツドリンク
  • オレンジなどの柑橘類
  • お酢やドレッシングなどの調味料
  • ワイン

などです。

これらの酸の強い食品

頻繁に摂取している方は

歯が酸によって溶かされる危険性が

高く酸蝕歯の原因となります。

極論を言うとオレンジジュースなどの

酸の強い飲み物は一気に飲み干した方が

歯にとっては酸に触れる時間が短く

ちょっとづつ飲むよりも良いです。

(現実的に無理ですが。)

柑橘類やお酢などは体に良い影響を

もたらすので全く食べるなという

ことではないですが、それらを

食べた後は歯の状態に気をつけましょう。

■ 酸蝕歯の予防&治療方法

  • 酸性の食品摂取した直後に歯を磨かない

【30分後が良いの?】食後の歯磨きをするタイミングとは?

通常は食後すぐに歯を磨く方が

虫歯予防には効果的ですが

酸の強い食品を飲み食いした後は

30分程経ってから磨くのが良いです。

酸によってエナメル質は

軟化しているのでこの時に

歯を磨くと逆に歯を削ってしまう

恐れがあります。

虫歯予防にはすぐに磨いた方が

良いですが、酸蝕歯の予防の面から

見るとすぐに磨くのは良くないです。

  • うがいを徹底する

酸が強い食品を摂取し直後は

口の中に酸が残っているので

唾液が出るまで待っていては

酸に侵食されてしまいます。

酸性の食品を摂取した後

うがいを徹底することで

酸を洗い流し、長時間口の中に

留まるのを防ぐことができます。

  • 就寝前は酸の強い食品は控える

寝ている間は唾液の分泌量が

減るので寝る前にこれらの食品を

飲み食いするのは歯にとって

非常に悪いです。

できるだけ就寝前は酸を口の中に

含まないようにしましょう。

  • フッ素で歯を強化する

フッ素は歯を強くする効果があります。

市販の歯磨き粉にもフッ素は

含まれているので基本的に

適量の歯磨き粉を使い毎日

しっかり歯を磨いていれば

特別なにかする必要はないです。

日々の歯磨きも疎かにせず

丁寧に行いましょう。

【虫歯予防に役立つ】フッ素と何か?歯に与える良い効果とは?

フッ素についてはこちらで

解説しております。

  • 歯医者へ行き検査を受ける

どうしても酸蝕歯が心配な方は

歯医者で検査を受けるのが確実です。

酸蝕歯は知らずに進行していく

こともあるので早期発見できれば

痛みに悩まされることもないです。

費用はかかりますがフッ素を

塗ってくれたり適切な指導を

受けることができます。

個人的には気になるなら早めに

歯医者に行き検査を受けることを

オススメします。

■ まとめ:酸の強い食品を摂取した後は要注意!

酸蝕歯は虫歯とは異なり

食品に含まれている酸が直接

歯を溶かしていることが

原因で発生します。

虫歯予防と勘違いして軟化した

歯をゴシゴシ磨いてしまうのは

逆に酸蝕歯を進行させる恐れがあります。

酸の強い物を摂取した後は

まずうがいで酸を洗い流し

その後しばらくしてから歯を

磨くと良いでしょう。

どうしても気になるようなら

早めに歯医者で検査を受けることを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加