失った歯の部分を補うための

治療の1つ、歯牙移植

 

虫歯などの何らかのトラブル等で

歯を失ってしまった或いは

歯がボロボロの状態で維持できない

部分に自身の歯を移植をすることで

治す治療法のことを言います。

 

歯の再生方法としては入れ歯や

ブリッジ、インプラントなど

数多く存在しますが歯牙移植の

メリットは何なのでしょうか。

 

今回は、この歯牙移植の

メリット、デメリットについて

解説していきます。

■ 歯牙移植のメリット

歯牙移植で移す歯は親知らずや

過剰歯など、あまり機能性の

高くない歯を移します。

 

つまりインプラントなど他の

再生方法との決定的な違いは

自分の歯を使うということです。

 

自分の歯を使っているので

アレルギー反応を引き起こす

危険性も少なく、噛み合わせの

変化も小さいため自然な噛み合わせを

得ることができます。

 

また、ブリッジのように

周りの歯を削ることもないので

他の歯への影響も少ないです。

 

自分の歯には歯根膜(しこんまく)

というクッションの様な物が

機能してくれるので普通の歯と

同じように違和感なく使えるのが

一番のメリットかと思います。

 

また、移植する歯が親知らずか

埋伏歯の場合で移植する場所に

歯がまだ残っていると保険が

適応されるので費用が安く

抑えられる可能性もあります。

■ 歯牙移植のデメリット

■ 移植する歯がないとできない

歯牙移植は自分の歯を使うので

過剰歯や親知らずがない場合は

移植ができません。

 

また、移植する歯が虫歯であったり

形が変形しているなど

健康的でない場合も移植できません。

 

健康的な歯であるという

条件が大前提なのでこの条件を

満たせない場合は他の治療法で

治すしか方法がないです。

 

■ 外科手術が必要

自分の歯を他の部分に移す

ということは、親知らずの抜歯

だけでなくその歯を差し込み

固定するための外科手術も

必要になります。

 

インプラントに比べるとそう

何度も治療する訳ではないですが

一般的に移植の歯の抜歯と移植を

同時に行うので時間がかかります。

 

場合によっては移植後の歯を

固定するための処置を

付けることもあります。

 

また、40代以上になると移植の

成功率が大きく低下する

言われているようです。

 

ただ、個人差や医師の処置方法に

よって違い、一概には言えないので

あくまで参考程度に。

 

■ 移植できる場所に限界がある

歯牙移植は親知らずで行うことが

多いので親知らずが入らない

部分には移植はできません。

 

普通に考えれば分かりますが

親知らずを前歯に持ってくる

なんて事はできないですよね。

 

基本的に親知らずを移植の歯として

使う場合は奥歯の部分にしか

移植することができません。

 

■ まとめ

歯牙移植にもメリット

デメリットがあることは

なんとなくは理解できたでしょうか。

 

自分の歯を使えるというのが

この治療の最も大きなメリットだと

個人的には思います。

 

インプラントのように骨を

削るなどの大きな手術は行いませんが

それでも多少の外科手術は

避けられないことだと思います。

 

必要な条件が多くなかなか

条件を満たすことが難しいと

言われていますがまずは医師と

よく相談して自分に合った適切な

治療法を選択しましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。