皆さん、学生(特に、小学生)のころ

学校で一度は歯科検診を受けた

経験があると思います。

 

また、自分のお子さんが実際に

学校で歯科検診を受けたという

方も居られるでしょう。

 

ただ、学校の検査結果で異常が

見つかったので病院で精密検査を

受けたけれど、特に異常は見つからず

学校の検診が適当ではないのかと

疑った経験はないでしょうか。

 

今回は、この学校で行う歯科検診の

目的や学校の歯科検診の限界について

解説していきます。

スポンサーリンク

■ 学校で行う歯科検診の目的

学校で行う歯科検診の一番の

目的は子供たちの歯や歯並びなどが

正常な発達をしているかどうか

及び健康異常の早期発見が

目的とされています。

 

具体的に言えば、虫歯の早期発見、

歯並びや歯肉の状態、顎関節の

状態などを検査します。

 

ちなみに。学校の定期健康診断に

歯科検診も含まれており

毎年6月30日までに行うことが

学校保健安全計画で決められています。

(新年度始まってすぐに健康診断が

あるのはことためです。)

スポンサーリンク

■ 学校の歯科検診の限界

学校の歯科検診は確かに虫歯などの

早期発見に役立ちますが一度に多くの

学生(児童)を見なくてはいけないので

どうしても限界があります。

 

生徒・児童の多さからどうしても

1人あたりに診察できる時間は

限られてしまうので、口の中の

細部まで診察することが難しいです。

(特に、人数の大い都市部の学校は)

 

また、仰向けではなく椅子に

座ったまま検査を受けるので

歯の隅々まで見ることが難しいのも

正確な検査ができない原因です。

 

実際に医療器具を使って確認する

こともあまりなく目視で検査をする

ことが多いのでどうしても

異常を見落としてしまうことや

曖昧な検査結果となることもあります。

 

私自身、昔、学校の歯科検診で虫歯と

言われたことがあり歯科医院へ

行きましたが、実際は虫歯でなく

色素の沈着だったことがあります。

 

このような見落としや勘違いは

十分有り得るので学校の検査結果が

100%正しいとは言い切れないです。

 

ただ、だからといって学校の

歯科検診が不要という訳では

決してないです。

 

学校の検査結果はあくまでも

簡易的な検査ですがここで少しでも

気になる部分があれば医師は詳しく

調べてもらう機会を与えるため

異常があるとあえて判断します。

 

つまり、学校の歯科検診は

歯科医院で精密検査を受けるための

きっかけを作るための検査である

と言っても過言ではないです。

 

そのため普段から歯科で定期検診を

受けて異常はないと言われているのに

学校の検査では異常があると言われる

パターンもあります。

 

ただその場合には歯科医院の

検査の方が圧倒的に正確性が高いので

そちらで異常がないと言われているなら

特に心配する必要はありません。

 

あくまでも精密検査を受けるための

きっかけと捉えておくのが

良いと思いますね。

 

■ まとめ:学校の歯科検診はあくまでも簡易的な検査

このように学校の歯科検診は

診察する人数の関係もあり

どうしても限界があります。

 

あくまでも虫歯などの異常の早期発見、

精密検査のきっかけを提供するのが

学校の歯科検診の目的なので

本来異常がなくても異常だと

判断されることも十分ありえます。

 

その点は仕方がないので普段から

定期的に精密検査を受けている方は

特に心配する必要はないですよ。

 

逆に、普段待ったく歯科医院へ

行っていない方はこの検査結果を

きっかけに精密検査を受けることを

強くオススメします。

 

学校の歯科検診も活用して

お子さんの歯の健康もしっかりと

守っていきましょう。

 

検査結果の記号等の見方とは?

(こちらも参考に)

スポンサーリンク