【歯周病でも矯正できる?】矯正すると歯周病も治るかも!?

sikakyosis

皆さんは歯科矯正を行うにあたり

先に歯周病を治す必要があると

言われたことはないでしょうか。

基本的には歯周病がある状態での

歯科矯正は控えるべきという

考えが強いことでしょう。

ところが、最近では研究が進み

矯正によって歯周病を治すことも

できるということが分ってきました。

今回は、その歯科矯正と

歯周病の2つの関係性について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 歯周病があっても矯正できるのか?

これまでは歯周病がある状態での

歯科矯正は、歯肉とその内部の

骨の形成が上手くいかずに

歯周病が悪化する恐れがあったので

歯周病を先に治してから

矯正を行うのが一般的でした。

歯周病とは一体何なのか?
歯肉炎とは何が違う?

しかしながら、研究と臨床実験が

進む中で、矯正前に歯周病による

細菌性の炎症を抑えることができれば

通常の患者と同じように矯正が

可能であることが分かってきました。

さらには、矯正によって乱れた

歯並びを治す際に、矯正前では

治療が難しかった歯周ポケットも

同時にきれいにすることができ

歯周病を根本的な部分から

治すことも可能になったのです。

つまりは、

①最低限、歯周病の炎症を抑える

②歯を動かして歯並びを改善させる

③矯正前では治療できなかった
細部まで歯周病治療が可能になる

④再び歯を動かす

⑤さらに歯周病治療が進められる

②に戻る

といった好循環が生まれ

ただ、歯周病を治すよりも

より確実に治療することができ

さらに歯並びも改善できるのです。

スポンサーリンク

■ 歯周病がある場合の矯正方法

歯周病の初期治療を行う

歯周病があっても矯正ができると

いっても炎症がある状態では

矯正はできません。

医師の治療だけでなく患者さんも

適切なブラッシングを心がけ

まずは歯茎の炎症を抑えていきます。

ある程度炎症が治まると歯茎が

引き締まるので、一見歯と歯の間に

隙間ができたり、歯茎がやせて

歯が長くなるようにも見えます。

特に、長期間歯周病と

なっていた場合は、見た目が

良くないこともありますが

後の矯正で治すので大丈夫です。

歯石が付いていることも多いので

しっかりと取り除きます。

矯正治療と抗菌治療を行う

歯茎の炎症をある程度治したら

矯正装置を取り付けて歯を

動かしていきます。

また、歯周病を治すためにも

抗生剤等の薬も使って歯周病の

治療を行う場合もあります。

基本的に、最初に歯周病の治療を

行うことを除くと、後は一般的な

矯正の手順と殆ど同じです。

最後はリテーナーで歯と歯茎を

しっかりと固定させます。

一つ、気をつけたいこととして

通常の矯正だけでも丁寧な歯磨きが

求められますが、歯周病も治す場合は

それ以上に丁寧な歯磨きが

必要となります。

【3つの磨き方】歯科矯正中の
正しい歯磨きのやり方とは?

また、治療後も歯周病の再発を

防ぐためにも日々の歯磨きは

欠かせません。

矯正によって歯周病を治せることは

確かですが、最終的にその治療の

善し悪しを決めるのは本人次第

ということは変わらないので最後まで

諦めずに矯正と歯周病治療に

向き合っていきたいです。

■ まとめ:歯周病でも矯正ができない訳ではない

このように一見、同時に治すことが

できないように思える歯科矯正と

歯周病ですが、歯周病治療と

歯科矯正を同時に行うことで

効率よく歯周病を治すことも

可能になりつつあります。

歯周病を治してから矯正を行った方が

良いに越したことはありませんが

矯正と同時に歯周病治療を進める

という治療方法もあるのだと

病院選びの判断材料として

覚えておくと良いでしょう。

ただ、歯科医院や矯正の専門医に

よっても考え方や見解が異なるので

歯周病の治療も同時に行えるかを

一度、相談することをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

【後悔しない歯科矯正】病院選びで
本当に大切な2つのポイントとは?

こちらも参考にして頂ければと

思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加