半年に1回?歯をクリーニングする目的とその適切な頻度とは

karenda

歯の健康に気を使っている方なら

良く歯科のクリーニングを

受けていると思います。

クリーニングは虫歯や歯周病を

防ぐだけでなく、歯の表面を

きれいにすることで着色も

落とすことができます。

しかし、あまり頻繁に行っても

クリーニングの意味がなく

余計な費用となってしまいます。

今回は、そんな歯のクリーニングを

行う目的と適切な頻度について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ クリーンニングの目的とは

クリーニングは、歯の表面の汚れや

歯と歯の間にできた歯石や

歯垢などを除去するのが目的です。

また、歯の黄ばみや着色等も

除去することができます。

普段、自分で行う歯磨きでは

十分に綺麗にできないことを

クリーニングで補うのです。

特に、歯石は普段の歯磨きで

除去することができないので

クリーニングで取ってもらう

必要があります。

歯のクリーニングは虫歯や歯周病の

予防に直結する大切な診療なので

できれば定期的にクリーニングを

行って歯の健康を保ちたいです。

スポンサーリンク

■ じゃあ適切な頻度は?

汚れが少なければ1回の

クリーニングで全て終わるので

頻度は少なくても問題ないです。

普段から、丁寧に歯を磨いている方は

3ヶ月~半年に1回程度

ちょうど良いと言われています。

ただ、歯の状態によっては

1回のクリーニングで

完璧に歯をキレイにするのが

難しい場合があります。

特に、普段タバコやコーヒーを嗜好し

歯にヤニや着色が付きやすい方、

歯並びの関係で通常の歯磨きでは

上手く磨けない部分がある方は

2、3ヶ月に1回ぐらいが良いそうです。

■ クリーニングにかかる費用

これは病院によっても多少違いますが

歯周病を治す目的の

クリーニングの場合、保険診療となり

健康保険が適応されます。

この場合は、おおよそ3000円程度の

費用でクリーニングができます。

ただ、歯を綺麗にするというよりも

歯周病など病気を治療することが

目的なので個々の歯を丁寧に

クリーニングしてくれないことが

多いです。

定期的に歯を綺麗にする

クリーニングの場合は

自由診療となり健康保険が

適応しないので約5000円以上

費用がかかることが多いそうです。

自由診療のクリーニングの方が

費用が高くなりますが

診療に制限はないので1回の診療で

しっかり綺麗にしてくれます。

そのため、自由診療のクリーニングは

そう何度も通院する必要がなく

3ヶ月~半年に1回ぐらいが

ちょうど良いということになります。

■ まとめ:基本的には3ヶ月~半年に1回で大丈夫

歯のクリーニングは確かに

病気予防などのメリットが

ありますが、自由診療となるので

何度もクリーニングしていては

それだけ費用がかかってしまいます。

短期間に何度もクリーニングをしても

あまり意味がないので

普段歯磨きが上手く出来ている方は

3ヶ月~半年に1回ぐらいが

ちょうど良いと思います。

定期的に医師に見てもらって

歯の健康も維持していきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。