【全ての元凶!】歯垢や歯石ができる原因や形成過程とは?

虫歯や歯周病の原因となることで

知られている、歯垢や歯石

ただ、お口の中のあらゆる

トラブルの原因となる歯垢や

歯石がどのようにして作られるのか

そこまで知っている方は少ないのでは。

今回は、この歯垢や歯石が

なぜできるのかその原因や

生成過程について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 歯垢や歯石の原因とは

歯垢、すなわちプラークは

食べかすではなく細菌の塊です。

プラーク自体は常に口の中におり

歯磨きでも、歯医者でクリーニングを

受けても口の中から

完全に無くすことはできません。

しかし、細菌と代謝物の塊である

プラークを放っておくと

やがて歯に悪影響を及ぼす

悪玉菌が増えてしまいます。

ちなみに、プラーク(1mg)の中には

約数億個もの細菌が含まれており

この細菌の中に虫歯や歯周病の

原因となる細菌も含まれています。

その歯垢を放置すると

やがて石灰化していき歯石と

変化していきます。

歯垢や歯石だけでなく

虫歯や歯周病、口臭などの

お口のトラブルの根本的な原因とも

言えます。

■ 歯垢ができるまで

歯垢ができるのには

おおよそ食後から8時間後

言われています。

普段から歯の表面には唾液の成分が

コーティングされており

そこにまず、唾液成分を好む

善玉菌が付着します。

この時点での歯垢はまだ粘着性や

ネバネバした感じはなく色は白色の

健全な歯垢と言われています。

しかし、しばらくするとそこに

虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌が

付着し始めます。

この悪玉菌があのネバネバ物質を

作り出し歯の表面を覆ってしまいます。

舌で触るとザラザラとした

感じがするあの感覚です。

バイオフィルムとも言われている

この歯垢は色が黄色っぽい色

変わってきます。

この黄色くなった歯垢が

虫歯や歯周病を引き起こす

原因となるのです。

■ 歯石ができるまで

歯垢があるのに歯磨きをしない

或いは、歯ブラシが適切に届かない

部分に歯垢が残っていると

やがて歯垢は歯石に変化します。

歯石に変わる時間は個人差も

ありますが2~3日で唾液中の

カルシウムが沈着し(石灰化)

歯石へと変わってしまいます。

一旦歯石になってしまうと

通常の歯磨きで取り除くことは

できなくなります。

歯石になってしまったら

早めに歯科医院で取り除いて

もらいましょう。

sisek

歯石がつきやすい部分は

下の前歯の内側

上の奥歯の外側が多い

言われています。

歯石を放置していると

虫歯や歯周病の原因となるだけでなく

口臭の原因にも繋がるので

歯垢そのものの磨き残しを

防ぐことが重要になります。

■ まとめ:早めに歯垢をこまめに落とすことが重要

歯垢は人間が生きている以上

必ずできてしまう物です。

しかし、普段から丁寧に

歯磨きをしていれば歯垢や歯石が

溜まることはそんなにありません。

正しい歯磨きのやり方とは?

個人的には食後にはできるだけ

早く歯を磨いて歯垢を落とすのが

理想的かと思います。

歯垢はあらゆるお口のトラブルの

根本的な原因とも言えるので

こまめに落として歯垢の悪化、

歯石の付着を防ぎましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加