【凍傷の前段階】しもやけとは何か?その治し方や予防法は?

tebukr

冬の寒い時期に指先が

冷えることで起こる凍瘡

(しもやけ)

ヒリヒリとした微妙な痛みや

かゆみのせいでイライラしてしまう

ことも多い厄介な症状です。

今回は、このしもやけの原因や

治し方について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ しもやけとは

しもやけは寒さによって血流が

悪くなり炎症を起こす状態で

凍傷の前段階とも言えます。

【細胞が壊死してしまう】凍傷とは一体何か?その原因とは?

ただ、極めて低温な地域で

暮らしている方や登山家を除いて

凍傷まで悪化することは殆どなく

一般の人は基本的にしもやけに

悩まされることが多いです。

しもやけになりやすい人は主に

  • 女性や子供
  • 冷え性の人
  • 外での作業が多い人
  • 水仕事をする人

これらの人です。

しもやけになると皮膚は赤く腫れ

しびれやかゆみなどの炎症が発生します。

また、水膨れができることもあり

さらに重症化すると凍傷となります。

スポンサーリンク

■ しもやけの治療法

しもやけは炎症を起こし

かゆみを伴うこともありますが

炎症部分をこすったり、かいたり

しないようにしましょう。

まずは、できるだけ患部を温めて

冷えを取り除きます。

急激に温めると刺激が強すぎるので

ぬるま湯を使うのが良いです。

冷えがなくなったら

市販の軟膏を使うのが効果的です。

oronai

代表的な軟膏はオロナイン軟膏ですね。

オロナインにはワセリンという

保湿効果のある成分が

含まれているのでしもやけには

非常に効果的です。

ただ、かゆみが強かったり

水膨れができるような場合は

できるだけ早くに皮膚科に行き

治療を受ける方が良いです。

水膨れをやぶってしまうと

そこから細菌が入ってしまうので

重症化したり、跡が残ってしまう

こともあるので下手にいじるだけは

極力避けたいところです。

■ しもやけの予防法

しもやけ、及び凍傷は

治療に時間がかかり

最悪切断ということにもなるので

治療以上に予防することが

非常に重要となります。

最も基本的なことは長時間

体を冷やさないことです。

特に、しもやけは顔面部分、

手足の指先など外気に晒される

ことの多い箇所はしもやけになる

可能性が高いです。

気温が低い中、長時間外出する場合は

手袋等は必ず装着しておきたいです。

水を使った作業も冬場は

水が非常に冷たくなるので

長時間、冷水に触れないように

気を付けましょう。

また、外的な要因だけでなく

食生活等も冷えの原因となる

場合もあります。

栄養素の中でもビタミンE

血液循環を促進する働きがあるので

冷えの予防に効果があります。

ブロッコリーやほうれん草など

野菜を積極的に摂取すると

冷え性の予防にも繋がります。

また、ビタミンEは他のビタミンと

同時に摂取することでより

高い体内に吸収されやすくなります。

■ まとめ

しもやけは凍傷の前段階ですが

そのまま冷えに晒されてしまうと

重症化して凍傷になってしまいます。

しもやけは冬の季節は

特に発生しやすく重症化すると

凍傷となるので早期の治療が

非常に重要です。

防寒対策だけでなくビタミンEも

摂取して、しもやけになりずらい

体を目指しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

凍傷とは一体何か?その原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加