歯にも神経は存在し

神経があるおかげで

虫歯予防や熱の感知など、

歯の耐久性を保ってくれます。

 

しかし、外傷や病気によって

神経を取らざるを得ない状況も

あるでしょう。

 

今回は、神経を取ってしまうと

どうなってしまうのか

そのメリットとデメリットに

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

■ 神経を抜くことのメリット

当然ですが神経がなくなると

痛みや熱を知覚することが

できなくなります。

 

私の場合も上の歯の前歯1つが

神経を抜いてありますが、神経が

ないために、冷たいアイスなどを

その歯に当てても何も感じません。

結構不思議な感覚です。

 

そのため、虫歯などの治療で

神経を抜いた場合は

これまでに悩まされていた

痛みがなくなるかと思います。

 

また、虫歯菌が歯の根元、

骨まで進行してしまうのを

防ぎ病気の進行を抑えることが

できます。

 

神経を取らずに放置してしまうと

虫歯菌が神経の中に入り込み

顎の骨まで侵食され「骨髄炎」という

重病になる恐れがあります。

 

神経を抜くことでこれ以上、

病気を悪化させるのを防ぐことが

一番のメリット(目的)です。

 

■ 神経を抜くデメリットとは

神経を抜いた歯は耐久性が

次第に劣化していきます。

 

本来歯は、神経以外にも

血液が流れており歯に

水分や栄養を届けています。

 

神経がなくなってしまうと

この水分などが歯に行き届かなく

なってしまうので歯の寿命は

(個人差はあるものの)短くなります。

 

耐久力が低下しているので

あまり強い負担をかけると

歯が割れてしまうことも

あるそうです。

 

また、歯に栄養が行き渡らないので

歯の色も褐色のような色に

変色してしまう恐れもあります。

 

さらには神経を抜く際に

歯の根まで完全に取りきることが

できていない場合はその部分が

感染を引き起こし、数年後痛みが

発生することもあるそうです。

 

ただ、レントゲンを撮らないと

分からないところもあるので

自覚症状が出るまで分からない

ことが殆どのようですが・・・。

 

これは稀のケースだと思いますが

万が一のことがあるので

神経を抜いた歯が痛み出したら

すぐに治療を受けましょう。

 

■ まとめ:極力神経を抜かないよう歯の健康に気を使うべき

神経を抜くデメリットは

大きいのでできるだけ

神経を抜くことのないよう

健康な歯を維持していきたいです。

 

あまりに虫歯が進行してしまっている

場合は神経を抜くのはやむを得ない

感じですができるだけそうなる前に

早期に歯医者で治療を受けましょう。

 

ただ、たとえ神経を抜いた歯でも

しっかりと治療やケアが

施されていればすぐに歯が

抜けるなどと言ったことは

ないと思います。

 

神経についても良く理解した上で

歯の健康管理にも気をつけましょう。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

虫歯予防に歯磨きは欠かせません。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク