あるとき突然襲ってくる歯痛

 

仕事中や夜中、年末年始等の祝日など

病院へ行くことができないときに

歯痛が起こると非常に辛いです。

 

病院へ行くまでの間

できる限り痛みを抑えてなんとか

その場を乗り切りたいものですよね。

 

今回は、この歯痛が起こった時の

応急処置の方法について

解説していきます。

■ 応急処置の方法

■ 痛い部分を冷やす

歯痛だけでなく怪我をした際にも

痛みを抑えるために

良く行われれる応急処置です。

 

痛みが発生しているところは

炎症を起こしていることが多いです。

(もちろん、虫歯や歯周病などが

原因のこともありますが。)

 

患部を冷やすことで血流の流れが

遅くなり神経への圧迫を抑えられ

結果として一時的に痛みを

抑えることができます。

 

そのやり方ですが良く氷を口に含んで

冷やすと良いと言われていますが

歯痛の原因によっては

逆効果になる恐れがあるので

この方法はあまりオススメできません。

 

特に、虫歯や知覚過敏が歯痛の原因と

なっている場合は直接患部を冷やすと

逆に痛みが増すことがあるので

頬に氷枕や濡れタオルを当てて

冷やす方が安全です。

 

また、冷えピタなどを張るのも

意外と効果的なのでどうしても

手が離せないときには冷えピタを

張るのが良いでしょう。

■ 患部(口の中)を綺麗に掃除する

歯と歯の間に食べカスなどが

挟まって歯が痛くなっている

ということもあります。

 

また、虫歯の部分に食べカスが

付着して歯痛が起こることもあります。

 

特に、食後に歯が痛くなった場合は

食べカスが歯や神経を

圧迫している可能性が高いです。

 

歯ブラシで歯を磨いたり

歯間ブラシや爪楊枝などを使って

詰まっているゴミを取り除きましょう。

 

ただ、あまり強い刺激を与えるのも

良くないので無理はしない様に。

 

触れるのが痛い場合は口を水

(できればぬるま湯)で

軽くゆすぎましょう。

 

また抗菌作用の強いイソジン等の

うがい薬を使うと口の中の細菌を

減らすことができ、症状の悪化を

防げるのでこちらもオススメです。

 

■ ロキソニンなどの飲み薬で和らげる

痛みの原因が全くわからない

何をやっても痛みが

全然収まらないという方は

痛み止めの飲み薬を使うのが良いです。

 

代表的なのはロキソニン

言われる市販の痛み止めです。

 

薬なので痛み止めの効果は高く

病院へ行くまでの応急処置には

十分役立つでしょう。

 

ただ、あくまでも痛みを一時的に

抑えるだけなので根本的な原因を

治さない限り薬の効果が切れると

みが再発します。

 

また、薬なので場合によっては

副作用が発生することもないとは

言い切れないので注意事項は

良く確認してから服用しましょう。

ロキソニンの使い方や副作用について

 

■ まとめ:応急処置後はできるだけ早く病院へ行くのが重要

歯痛が発生しているということは

口の中でなにかしらのトラブルが

起こっていることには変わりないので

応急処置をして病院へ行くまでの間

痛みだけでも抑えましょう。

 

たとえ、病院に行く前の応急処置で

痛みが引いたとしても肝心な虫歯や

歯周病などの根本的な原因が

無くならない限り安心できません。

 

症状を悪化させないためにも

歯痛が起きたらできるだけ早くに

病院へ行って検査・治療を

受けることをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。