【ストレスが原因?】歯は健康なのに歯痛が起こるその原因とは

歯が痛くて病院に行ったが

口の中は健康的で歯並びも良く

これといった歯痛の原因が

見つからなかった。

このように歯痛であっても

歯や歯茎、歯並びに問題はなく

原因が分からないことがあるそうです。

歯は健康なのに歯が痛むという場合は

もしかしたらその原因は歯ではなく

ストレスやその他の要因が

関係しているかもしれません。

今回は、そんな歯痛の原因

中でも歯以外から引き起こされる

歯痛について解説していきます。

スポンサーリンク

■ ストレスを溜め込んでいないか

ストレスは体のいたるところに

影響を与えることは

皆さん既知のことだと思いますが

意外なことに歯にも影響を与えます。

基本的にストレスを受けると

免疫力が低下し病気になりすい

状態にあります。

特に、歯周病、口内炎は

ストレスによって引き起こされると

よく言われていますね。

この2つは痛みの原因が分かります。

ただ、虫歯や歯周病、口内炎で

なくても歯痛が起きることはあります。

ストレスを過剰に受けていると

神経系が異常をきたし歯痛が

発生することもあるそうです。

精神的ストレスを受けると

血中のカテコールアミンという

神経伝達物質の量が増加し

歯や歯茎の血管が圧迫されて

痛みを伴うと言われています。

また、人によってはストレスを感じると

無意識に歯ぎしりをしてしまい

それが歯を圧迫して歯痛を

引き起こしていることも考えられます。

一時的ならまだ大丈夫ですが

あまりに頻繁に歯ぎしりを

行うと歯が次第に磨り減ったり

最悪歯が割れることもあります。

【3つの原因】歯ぎしりの原因って何?どんな悪影響があるの?

(こちらも参考に)

ストレスは歯痛に限らず

体のいたるところで影響を及ぼすので

過剰にストレスを溜め込まないよう

適度にストレスを発散しましょう。

スポンサーリンク

■ 歯の治療を繰り返してはいないか

ストレス性と関係が近いですが

歯の治療を繰り返し受けている方は

歯の痛みを伝える神経が度重なる

治療により混乱してしまい

歯痛が起きることもあり得ます。

もし過去に何度も虫歯治療や神経を抜く

治療などを繰り返している場合は

神経に負担がかかっている或いは

神経が混乱しているのかもしれません。

原因不明の歯痛なら歯科ではなく

神経内科や精神科など他の

診療科で診察を受けることも

治療方法として考えられます。

■ まとめ:ストレスを過剰に溜め込まないことが重要

しっかり検査したのに原因不明の

歯痛だった場合にはストレスが

原因で引き起こされているの

かもしれません。

ゆっくりと休養を取り

ストレスをできるだけ減らして

様子を見ると良いでしょう。

もちろん歯磨きも疎かにせず

丁寧に磨くことも重要です。

それでも原因不明の痛みが

ずっと続いているという方は

大きな総合病院や大学病院等で

セカンドオピニオンを受けるのが

最も確実かと思います。

また、他の診療科に相談することで

問題解決に繋がることもあるので

こちらも視野に入れておくと

良いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

自律神経失調症とは何?頭痛やめまいの原因かも!?

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加