歯の中の神経が圧迫されることで

引き起こされる歯髄炎

 

虫歯や歯周病とも関連性が

強いことでも知られています。

 

また、知覚過敏と症状が似ており

勘違いされることの多い歯髄炎ですが

実際は決定的な違いがあります。

 

今回は、この歯髄の原因や症状

その治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 歯髄炎の原因

歯髄炎は歯の中の神経が

何らかの原因によって

過度の刺激を受けることで

発生する炎症のことを言います。

 

その原因として最も多いのは

虫歯です。

 

虫歯が歯の歯髄部分にまで

進行している場合は神経に

細菌が感染し炎症を起こします。

【意外と知らない】虫歯とは一体何なのか?その原因と症状とは?

 

虫歯は歯髄炎と関係が深く

虫歯を放置しているとやがて

歯髄炎になる可能性が高いです。

 

また、歯周病も歯髄炎の

原因として考えられます。

 

歯周病が進行すると歯茎の深く

歯の歯根の部分にまで炎症が広がり

それが神経を圧迫して歯髄炎を

引き起こすこともあります。

 

その他、虫歯でも歯周病でもないのに

歯髄炎を引き起こす原因として

外傷や歯の治療時に使った人工物の

刺激によっても歯髄炎は発生します。

 

歯が虫歯や歯周病になっている場合は

それに伴う細菌感染が歯髄炎の

原因であると考えられます。

 

歯自体に問題がない場合は

外傷や詰め物などの物理的刺激

原因の可能性が高いです。

スポンサーリンク

■ 歯髄炎の症状

症状としては知覚過敏の様な

冷たい物がしみてズキズキと痛みます。

 

ただ、知覚過敏と違う点は

温かいものでもしみたり、

叩くと痛むという点です。

 

また、虫歯によって歯髄炎と

なっていることが多いので

虫歯の痛みと似ているとも言えます。

 

特に、何もしていない時でも

歯がズキズキと痛む場合は

歯髄炎の可能性が高いです。

 

歯髄炎の場合は放置すると

やがて歯髄が死んでしまい

顎骨骨髄炎などの重病になる

恐れがあります。

 

■ 歯髄炎の治療方法

小さな虫歯が原因の場合は

その部分を削って詰め物を

入れることで治します。

 

しかし、虫歯が進行している場合

或いは激痛を伴う歯髄炎の場合は

神経を取らざるを得ないことも

考えられます。

 

特に、何もしていない時にも痛みが

ある場合は歯髄炎が進行している

可能性が高く神経を取らないと

痛みがなくなりません。

 

また、長期間放置していると

最悪抜歯ということもなりかねない

とにかく早期に治療を受けることが

非常に重要となってきます。

 

■ まとめ:歯髄炎の大半は虫歯が原因

歯髄炎は虫歯によって引き起こされる

ことが多く、虫歯の早期発見が

歯髄炎を予防することに繋がるので

自覚症状があったらすぐに

治療を受けることをオススメします。

 

もちろん他にも物理的なことが

原因で歯髄炎となることもあります。

 

虫歯でもないのに、温かい物がしみたり

何もしていないのに痛みがある場合は

1度病院で検査を受けた方が良いです。

 

原因がなんであっても歯髄炎を

放置してると重大な病気にも

繋がってしまいますので

早期に治療して悪化を防ぎましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク