歯並びの歯列不正の1つであり

特に小児矯正でよく聞く

叢生(そうせい)

 

歯が生え変わってきた頃の

お子さんに心配される

歯並びの乱れです。

 

歯並びが凸凹の状態のことを指し

見た目にコンプレックスを

持ってしまうだけでなく

隅々の歯垢を落とすことが

難しいのも問題です。

 

今回は、この叢生について

解説していきます。

■ 叢生とは

歯列不正の1つであり歯並びが

凸凹の状態のことを指します。

(乱杭歯(らんぐいば)とも言います。)

 

また、歯が重なり合って生えている

八重歯も叢生の1種と言われています。

 

主に、犬歯が正常な歯並びから

飛び出してしまうというのが

代表例ですね。

 

■ 叢生の原因

叢生は一般的に小さい顎に対して

歯が大きいことが叢生になる

原因と言われています。

 

ここは遺伝による先天的な原因

であることが多いそうです。

 

特に、最近の子供は顎が小さい

傾向にあるとも言われています。

 

ただ、他の(後天的な)原因として

あごの骨の成長が不十分だったり

永久歯への生え変わりがうまく

行かないなども原因として

挙げられます。

 

他にも

  • 虫歯による乳歯の早期欠落
  • 指しゃぶり爪を噛むなどの悪癖

なども原因と言われています。

 

この様な原因が複数重なることで

歯並びが崩れてしまいます。

■ 叢生の問題点

見た目のコンプレックス以外にも

  • 噛み合わせが悪い
  • 発音しづらいことがある
  • 顎関節症
  • 虫歯になりやすい

などの問題があります。

 

長期にわたり放置していると

将来的に虫歯の再発を繰り返したり

歯石が溜まって口臭の発生

最悪歯が抜けてしまうことも

弊害としてあります。

 

■ 叢生の治療方法

基本的に歯科矯正で歯並びを

揃えていきます。

 

大人が叢生の矯正をする場合は

抜歯で余分な歯を取り除く

ことが必要になるケースが

多いと言われています。

 

【犬歯は抜かない方が良い?】犬歯の役割や矯正との関係性とは?

抜歯をすると言っても

犬歯は重要な歯なので

基本的には犬歯の一つ後ろの

歯を抜くことが多いです。

 

ただ、大人になってからの矯正だと

歯が動きづらいため

できる限り子供のときに

矯正をしておくことが理想的です。

 

子供の矯正は歯がよく動き

顎の拡大も見込めるため

抜歯なしで矯正が可能だったり

費用の負担も少なくて済みます。

 

矯正のタイミングとしては

永久歯が生え揃ってから

または、生え揃う前の段階から

始めるのが一般的なようです。

 

ちょうど顎の成長に合わせて

矯正を行うので矯正の期間は

やや長くなりますが後戻りの

リスクも低いのが特徴です。

 

■ まとめ:子供のうちに叢生は治しておきたい

叢生は歯列不正の中でも

歯並びが凸凹になっているため

虫歯や歯周病のリスクが大きい

歯列不正と言えます。

 

永久歯に生え変わる段階で

矯正をしておくことで長期的に

見ても安定して、綺麗な歯並びと

なります。

 

歯並びは歯の健康に大きく

関係している非常に重要なことです。

矯正には費用や時間もかかりますが

それ以上の価値があるのは確かなので

個人的には矯正をオススメします。

 

【海外ではタブー?】八重歯が可愛いのは日本だけ?その訳とは

(将来、外国で活躍する予定の方は

こちらの記事も参考になると思います。)

以上、参考になれば幸いです。