矯正にはいろいろな種類がありますが

中には、短期間で矯正を終わらせる

スピード矯正という矯正があるようです。

 

私自身、スピード矯正という

言葉を初めて聞ききましたが

一体どのような矯正なのでしょうか。

 

今回は、このスピード矯正とは何か

デメリットやリスクなどは何なのかを

まとめてみました。

■ スピード矯正とは

治療の名称からも想像できますが

その名の通り、通常の矯正よりも

矯正の期間が短い矯正のことを指します。

 

【いつまで付ける?】歯の矯正後のリテーナー期間はどのくらい?

一般的なワイヤー矯正の場合

 

ワイヤーとリテーナーの2つの

過程があるので全てが終わるのに

数年かかることが多いです。

 

しかし、このスピード矯正の場合は

最短で半年程、約ワイヤー矯正の

半分程度の期間で矯正が完了する

と言われています。

 

また、抜歯をせずに矯正を行える

可能性も高いのがスピード矯正の

メリットと言われています。

 

■ スピード矯正の方法

その矯正の方法ですが端的に

言ってしまえば外科手術

ワイヤー矯正を併用した矯正です。

 

コルチコトミー手術や

インプラント矯正などその方法にも

いくつか種類がありますが

基本的に外科手術が必要です。

■ インプラント矯正法

インプラントといえば歯を

失った部分に埋め込む人工歯という

イメージがありますがスピード矯正の

場合のインプラントは違います。

 

スピード矯正のインプラントは

歯を引っ張るための支点を

顎の骨に埋め込み、その支点を

元に歯を動かします。

 

通常の矯正は奥歯を支点としている

ので動かたい歯だけを動かすことは

基本的にできません。

 

しかし、このインプラント矯正なら

支点が顎の骨に固定されているため

動かしたい歯だけを動かすことができ

効率良く矯正を行うことができます。

 

もちろん埋め込んだインプラントは

矯正が終われば取り外します。

 

必要な歯だけを動かすので効率が良く

治療期間も短いのでスピード矯正の

方法として注目されているのです。

 

■ コルチコトミー矯正法

こちらの矯正は歯を支える骨に

手術で切れ目を入れることで

通常は硬く動かすのが難しい歯でも

動かしやすくします。

 

通常のワイヤー矯正と手術を

併用しながら進めていくので

矯正期間も短くスピード矯正の

矯正方法としてインプラントと

並び注目されています。

 

手術の後、切った骨は元に戻るため

矯正後の後戻りが少ないというのが

この矯正のメリットです。

 

また、年を取るほど骨が硬くなり

矯正が難しくなりますが、

コルチコトミーは骨を切って矯正を

行うので年齢に左右されないのも

メリットと言われています。

 

■ スピード矯正のデメリット

■ 外科手術が必要

ここまで読んだ方ならもう

お分かりだと思います。

 

スピード矯正は外科手術の力を

借りて、矯正を効率良く行います。

そのため手術ができない患者には

このスピード矯正もできません。

 

特に、全身的な疾患を

患っている方は外科手術が

できない場合もあります。

 

また、大きく歯並びが乱れており

手術が難しい場合もスピード矯正は

できません。

 

■ 医師の腕により差が出る

スピード矯正は外科手術を伴うので

医師の腕が矯正の善し悪しを決める

重要な要素となります。

 

日本ではスピード矯正自体が

まだまだあまり馴染みがないため

適切なスピード矯正を行える医師の

数も少ないのが現状です。

 

医師の腕を判断するのが難しく

手術も行う難しい矯正なので

通常のワイヤー矯正に比べて

失敗例や苦情等が多いのも確かです。

 

失敗した時のリスクが大きいので

病院選び、医師選びは通常の矯正

以上に慎重に行う必要があります。

 

複数の病院で相談をして信頼のできる

そして実績のある医師の下で

スピード矯正を受けましょう。

 

■ まとめ:スピード矯正は病院選びを慎重に

スピード矯正は確かに矯正期間が

短く済むなどのメリットもありますが

同時にデメリットも大きいです。

 

一番の難題は、手術を伴うので

医師の技量の差が出やすく

リスクも大きいという点です。

 

このようなデメリットも

よく理解した上でスピード矯正の

相談をすると良いでしょう。

 

スピード矯正の場合、病院選びは

通常の矯正以上に重要なので

複数の病院で検査・相談することを

強くオススメします。

 

適切なスピード矯正を行えるよう

各病院の特徴、医師の腕や実績等の

情報収集はしっかり行いましょう。

以上、参考になれば幸いです。