よく皮膚の炎症を抑えるために

使われるステロイド。

 

私自身もステロイドは使ったことが

ありますが、実際にステロイドが

どのようなものなのか、そこまでは

知りませんでした。

 

今回は、そんな皮膚の炎症治療に

よく使われるステロイドについて

解説していきます。

■ ステロイドとは

ステロイドとは元々人間の

体内で作られるホルモンのことで

人間が生きていく上で

欠かすことのできない物質です。

 

これらのホルモンはあらゆる

炎症反応を抑制する働きがあります。

 

この人間が作り出すホルモンを

人工的に作ったのがステロイド剤で

塗り薬だけでなく、内服薬だったり

注射、点眼など意外にも使われている

幅は非常に広いです。

 

一般的にステロイドは皮膚に

塗るものだと思われがちですが

免疫反応が過剰になる病気や

炎症を伴う全ての病気に効果がある

とも言える非常に優れた物質なのです。

■ ステロイド軟膏(塗り薬)の効果

ステロイドの最も大きな役割は

抗炎症作用免疫抑制作用

2つの効果があるという点です。

 

塗り薬の場合、抗炎症作用を

利用することが多く使われる症状は

  • 皮膚の炎症
  • 湿疹
  • しんましん
  • 虫刺され

と、皮膚炎の大半に使われます。

 

炎症している患部に塗ることで

細胞に悪影響を与える物質の

働きを抑えることができるため

炎症に効果を発揮します。

ステロイド軟膏の正しい塗り方とは?

 

■ ステロイド(内服系)の効果

ステロイドのもう一つの効果である

免疫抑制作用とは体内で発生する

過剰な免疫反応を抑える効果です。

 

通常、人間の体内には一定の免疫力が

ありますが、何らかの原因によって

過剰に反応してしまうと逆に

悪影響をもたらします。

 

そのアレルギー反応の例として

花粉症によるアレルギー反応が

挙げられます。

 

本来、花粉は人体に有害なものでは

ないですが、体を守る免疫反応が

間違えて有害物質と捉えてしまうが

故に鼻水など様々なアレルギー症状が

出てしまいます。

 

ステロイドはこの免疫作用を

抑える働きが有り、内服薬として

使われるステロイドの多くは

この免疫抑制作用を利用したものです。

 

■ ステロイドの副作用とは

ステロイドと言えば副作用も

心配だという声も多いです。

 

特に、ステロイドに含まれる

免疫抑制作用は、アレルギー反応には

効果を発揮してくれますが

正常な免疫反応も効果が及びます。

 

そのため、効果が効き過ぎると

逆に免疫力が低下してしまい

他の病気を引き起こす

副作用のリスクがあります。

 

ただ、一口にステロイドと言っても

ステロイドは効果の強さごとに

1~5の段階に分けられています。

 

この強さによっても副作用が

出る場合と出にくい場合があります。

 

また、副作用と関係があるのは

使用した量、ステロイドの強さ

使用した期間、の3つです。

 

この3つの要素が重なり合って

副作用として現れるので

使うと必ず副作用が出るというのは

全くの誤解です。

 

本来、医師の説明をよく聞き

正しい用法用量を守っていれば

副作用のリスクは小さいのです。

 

ただ、適切に使っても副作用が

出てしまうことも絶対にないとは

言い切れないのでもし使用後に

異常が起こったらすぐに病院に

行きましょう。

 

■ まとめ:用法用量を守って適切に使う必要がある

ステロイドは言わば人間が

本来持っている物質を人工的に

無理やり使うことなので使い方を

間違えると副作用が出てしまうのは

明らかです。

 

ただ基本的には、医師の指示に従い

用法用量を守って使えば

副作用が出る可能性は低いです。

 

間違った使い方をしないよう

そこだけは十分気をつけたいです。

 

ただ、ステロイドを使って

何か異常が出た場合にはすぐに

病院へ行くことをオススメします。

 

以上、参考になれば幸いです。

ロキソニンとは何か?その使い方や副作用とは?