あなたは寝ている時に正常に呼吸が

できているでしょうか?

 

寝ている時に無呼吸状態となってしまう

病気は睡眠時無呼吸症候群(SAS)と

言われており、放置しておくと

日常生活にも支障が出るだけでなく

最悪命を落とす危険もあります。

 

今回は、この睡眠時無呼吸症候群の

症状や原因について解説していきます。

睡眠時無呼吸症候群とは

suiminkokyuneruhirune (2)

睡眠時無呼吸症候群とは寝ている間に

呼吸が止まってしまう病気です。

 

厳密には一度の睡眠(7時間)の中で

30回以上、あるいは1時間につき

5回以上、無呼吸が繰り返された

場合に無呼吸症候群となります。

 

無呼吸と弱い呼吸が繰り返されるので

十分に睡眠の効果を得ることができず

疲労が残り、日中の集中力の低下が

起こる、眠気が残るといった症状が

現れます。

 

また、低酸素状態になりやすく

心臓に負荷がかかるため、高血圧や

糖尿病、心筋梗塞などの合併症も

起こりやすく、最悪の場合には

突然死に至ることもある

大変恐ろしい病気なのです。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠中に呼吸が止まる原因としては

大きく分けると2つあり、

  • 物理的に気道がふさがり呼吸が止まるOSA型
  • 呼吸をつかさどる呼吸中枢が原因で起こるCSA型

の2つです。

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)型

この無呼吸症は、寝ている時に

空気の通る気道がふさがれてしまう

ことが原因で引き起こされます。

無呼吸症候群の9割がこのOSA型に

該当すると言われています。

 

気道がふさがれてしまう原因としては

  • 舌根が大きく寝ている時に沈下する
  • 肥満が原因で気道が狭くなっている
  • 骨格の関係上、気道が狭くなっている

といったことが挙げられます。

 

骨格が小さく関係上、もともと気道を

ふさぎやすい体質ということも

ありますが、無呼吸症候群を

引き起こす大きな原因としては

肥満があります。

肥満が身体にもたらす悪影響はこう!病気のリスクが増大!

 

特に、骨格が小さい人が肥満になると

気道をふさぎやすく、無呼吸症を

引き起こしやすくなります。

 

中枢性睡眠時無呼吸(CSA)型

こちらは脳から呼吸を行うための

指示を出す呼吸中枢に異常が

起こることが原因で引き起される

無呼吸症です。

 

睡眠時無呼吸症候群の患者全体で

見ても数%程度であり、無呼吸症の

中では極稀なタイプです。

 

OSAと違って気道は十分に

開かれているのが特徴であり

CSA型は、呼吸そのものの動作を

行うための指令が、脳から正常に

伝わってこないのが原因で無呼吸と

なってしまいます。

 

肺やそれに付随する筋肉や末梢神経は

問題があるわけではなく、脳の信号の

伝達に異常が起こることで発生します。

 

呼吸の動作が発生するメカニズムは

脳の呼吸中枢が血中の二酸化炭素の

濃度の上昇を感知すること

起こるようになっています。

 

しかし、ここ呼吸中枢に何らかの

異常が起こると、反応が鈍ることで

呼吸運動が止まってしまうのです。

 

呼吸中枢に異常をきたす病気は

脳卒中や脳梗塞、心臓発作や心不全、

パーキンソン病といった病気です。

 

これらの基礎疾患の管理が十分に

できていないと、睡眠時に無呼吸と

なってしまうのです。

 

まとめ:放置しておくと突然死のリスクがある!

このように睡眠時無呼吸症候群は

寝ている時に、物理的、あるいは

脳の呼吸中枢の異常によって

呼吸が止まってしまう病気です。

 

放置しておくと集中力が低下し

日常生活にも影響を及ぼすだけなく

最悪の場合には突然死となる

危険性もあります。

 

もし日中の眠気が強い、集中力が低い、

寝ている時にいびきをかいている

という症状が見られるようであれば

内科、呼吸器科、循環器科、あるいは

「睡眠外来」「睡眠センター」といった

睡眠を専門としている医療機関を

受診することをオススメします。