【睡眠の質を高める方法はこう!】今すぐできる6つの対策!

asakaitekineoki

人間の生命活動の上で欠かすことの

できない「睡眠」

近年は、生活環境が大きく変化し

睡眠時間も人によってまちまちです。

睡眠と聞くと、単純に睡眠時間を

増やせば良いというイメージが

ありますが、実際はそうではなく

最低限の睡眠時間に加えて

質の高い睡眠を取ること

非常に重要です。

今回は、睡眠の質を高める方法について

分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

睡眠の質を高める方法

睡眠の質を高めるためは主に

  • 寝る前数時間の行動
  • 寝る直前の環境
  • 朝、起きた時の行動

の3つが重要なポイントとなります。

以下、この3つのポイントごとに

睡眠の質を高める方法について

紹介していきます。

寝る前数時間の行動

眠気を感じてから寝る

少し早くに寝ようと思って寝ても

実際、寝付けないということは

多いかと思います。

睡眠時間を確保しようとして無理に

早くに寝ても、体のリズムが

追い付いていないため、

ぐっすりと寝ることは難しいです。

質の良い睡眠は単純に睡眠時間が

増えれば良いという訳ではなく

体のリズムに合わせて自然な睡眠を

取ることの方が重要なので、無理に

早寝早起きを目指すのではなく

眠気を感じたら寝るようにしましょう。

夕方以降はカフェインを避ける

kohikafein2

カフェインには覚醒効果が含まれており

睡眠を妨げる働きがあります。

この覚醒効果が睡眠時に残っていると

寝ようにも寝付けない状態になったり

眠りが浅くなる原因となります。

特に、覚醒効果の持続時間は

最大15時間と言われており、

効果が半減するのも摂取してから

最低6時間はかかります。

そのため、できる限り夕方4~5時以降

コーヒーや栄養ドリンクなど

カフェインを含んだものを

摂取しないように気を付けたいです。

食事は睡眠の2時間前までに済ませる

okomesyokujiseigen

食べ物を口に入れた後は、

最低でも2時間ほど消化器官が

働き続けます。

そのため、寝る直前に食べ物を

口にしてしまうと、寝るときに

消化器官が動いたままになるので

脳の神経も休まりません。

極力夜食は控え、食事を取るなら

寝る2時間前までに済ませるように

気を付けたいです。

どうしても何か食べたい時には

胃に負担がかからない

消化の良いものを食べましょう。

スポンサーリンク

寝る直前の環境

寝る時は部屋を真っ暗にする

sisitudenkisuittiakari

人間の脳は周囲が真っ暗になると

光による刺激が入らなくなるので

リラックスした状態となり、

ぐっすりと眠る準備が整います。

しかし、寝るときに電気が少し

ついていると光の刺激が脳に

伝わってしまい脳が休まりません。

寝るときには部屋を真っ暗な

状態にするのが望ましいです。

寝る前にスマホの画面を見ない

sumahogamenburutraito

あなたは寝る前にスマホをいじる

クセが付いていないでしょうか?

睡眠の質を大きく下げる原因として

寝る前にスマホやパソコンの画面を

見ることが挙げられます

「就寝前にスマホやパソコンを

見ていたら、眠気がなくなり

夜遅くまで起きていた経験がある」

という人も多いかと思います。

スマホの画面からはブルーライト

出ており、そのブルーライトを

浴びると神経が興奮し寝つきが

悪くなります。

例え、部屋を真っ暗にしていても

目の前でスマホの強い光を

浴びているのでは意味がありません。

質の良い睡眠を取るのであれば

就寝の1時間前はスマホを見ないように

気を付ける必要があります。

1時間前が難しければ30分前でも

良いので、とにかく部屋の電気を

消して真っ暗になった後はスマホの

画面を見ないようにしたいです。

睡眠の質を下げる大きな原因の

1つであり、目を悪くする

原因にもなるので、これは特に

気を付けたいことです。

朝はしっかりと光を浴びる

suiminasakisyounidone

睡眠の質を高めるためには

朝にしっかりと太陽の光を

浴びることも重要です。

人間は、朝に太陽の光を浴びることで

毎日の生活リズムを形成する

体内時計がリセットされます。

体内時計がくるった状態にあると

日中に眠くなったり、夜になっても

眠くならないといった事態になり

睡眠時間にも影響を与えます。

朝に光を浴びるという単純なことですが

体のリズムを整える上では非常に重要な

行動の1つです。

また、朝強い光を浴びることは

二度寝防止にも繋がります。

毎朝行って習慣化させると

体内のリズムが修正され、結果的に

睡眠の質も良くなるので、できる限り

朝はしっかりと光を浴びましょう。

まとめ:少し意識するだけで睡眠の質がアップ!

このようにどれも少し意識すれば

対策できることばかりであり、

睡眠の質を高めるためにも積極的に

試すことをオススメします!

睡眠の質を高めることができれば

疲労やストレスを改善したり、

睡眠障害の解消にもつながるなど

良いことばかりです!

もし、最近十分な睡眠を取れていないと

感じているのであれば、ここで紹介した

方法を試すことをオススメします!

特に、寝る直前のスマホいじり

睡眠の質を大きく下げる原因となるため

最低限、そこだけは注意しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加