転んで擦り傷を負った時の対処法はこう!今更聞けない応急処置

onnanokonakukizukega

うっかりしていたら転んでしまい

擦り傷を負ってしまった・・・

誰でも一度はそのような経験をした

ことがあるかと思います。

そんな単なる擦り傷でも応急処置を

間違えれば、その後の回復に影響を

及ぼすこともあるので、いざという

時のために、擦り傷の適切な対処法は

知っておきたいです。

今回は、転んで擦り傷を負った時の

対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

転んで擦り傷を負った時の対処法

まずは患部を洗うことが重要

mizusuidouarau-1

傷を負ってしまった時の対処法で

まずやるべきことは、患部を

しっかりと水で洗うことです。

間違えやすい対処法として

消毒液で消毒することがありますが、

泥や汚れが付着している状態で

消毒液を使ってもあまり意味が

ありません。

患部を水で洗い傷口についている

汚れや雑菌を洗い流し、患部を

清潔にすることが最優先です。

水道水で良いのでまずは傷口の汚れを

しっかり洗い流しましょう。

消毒液がなくても、最低限傷口の

表面に付着している汚れを

落とすだけでも傷口の悪化を防げるので

「擦り傷ができたら水で洗い流す」

ということだけは覚えておきたいです。

また、出血している場合には、水で

洗った後、綺麗なハンカチやガーゼで

傷口を抑えて止血を行いましょう。

傷が痛くてあまり洗いたくないという

思いはあるでしょうが、汚れた状態で

放置していると傷口が化膿してしまい

治療が遅れ、余計に痛い思いをする

恐れもあります。

特に、一度傷口が化膿すると治療が

難しいので、できる限り化膿は

防ぎたいところです。

多少の痛みは我慢して、しっかりと

水で汚れを洗い流すようにしましょう。

ただし、洗い流す時は手で直接傷口を

触らないよう注意しましょう。

指先には雑菌が付着しているので

手で傷口に触れてしまうと、菌が移り

化膿する原因となります。

洗浄したら傷口を消毒する

水でしっかりと汚れを落としたら

次に消毒液を使って、傷口を

消毒します。

消毒液がない場合には、無理に

使用する必要はありませんが、傷口が

化膿するのを防ぐのに役立つので

できれば消毒液での消毒も

行いたいです。

スポンサーリンク

傷口を乾燥させずに治す

amemizutamarimizu

擦り傷を治す際によく間違えやすい

対処法として、傷口を乾燥させて

治そうとすることがあります。

乾燥させてかさぶたを作らせた方が

早く治るように見えますが、実際は

患部を湿らせておいた方が

早くに傷が治ります。

湿潤療法(しつじゅんりょうほう)と

言われる治療法であり、人間の体が

本来持っている自然治癒の力を

最大限に生かした治療法です。

例えば、キズパワーパッドといった

かさぶたを作らずに傷口を治す

絆創膏も湿潤療法を応用させて

作られた製品です。

ただ、そのような特殊な絆創膏を

持っていなくても、家にある

身近なもので応急処置ができます。

saranrappuoukyusyoti

そのやり方はいたって単純であり、

  1. 傷口の洗浄・消毒を行う
  2. 傷口より少し大きめのラップをぴったりと当てて、ふちをテープで止める
  3. 翌日から毎日ラップの取り換えと傷口の洗浄・消毒を行う

といった感じです。

意図的に傷口が乾燥するのを防ぐ

方法であり、ラップとテープがあれば

誰でも簡単に処置できます。

傷口から出てくる浸出液には傷を

治す成分が含まれているので、

乾燥させずに患部を湿らせることにより

従来の治療法に比べて傷の治りが早く、

細菌に感染することも少なくなります。

傷が広範囲に及んでいる場合には

難しいですが、一部分だけを擦った

場合には、湿潤療法が効果的です。

まとめ:消毒よりも傷口を清潔に保つことが重要!!

このように擦り傷ができた場合には

まず化膿を防ぐために、しっかりと

患部を洗い流すことが大切です。

水洗いでしっかりと汚れを落とせれば

消毒液を使わなくても、十分患部を

清潔に保つことができます。

また、傷が小さい場合には、傷口を

乾燥させずに、ラップで被って湿らせる

湿潤療法で治す方が早くに治ります。

小さな擦り傷の場合には、基本的に

病院へ行かなくても問題ないですが

傷口が広範囲に及んでいる場合や、

異物が深く入り込んでいる場合、

傷口からの出血が多い場合には、

皮膚科等で治療を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加