【選び方も重要】ステロイド軟膏の正しい塗り方とは?

nankou

皮膚炎など肌の炎症を

抑えるために使われる

ステロイド軟膏

副作用の心配もありますが

適切に使えば副作用は発生せず

高い効果を発揮してくれます。

ただ、ステロイド軟膏は種類が多く

どれが自分に適しているか

分からないこともあるでしょう。

今回は、このステロイド軟膏の

正しい選び方や塗り方いついて

紹介していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ ステロイド軟膏の選び方

【皮膚以外にも使われる】ステロイドとは何か?副作用はあるの?

以前、こちらで紹介した通り

ステロイドにはそれぞれ強さがあり

患部の状態によっても使われる

ステロイドは異なります。

強さは強い順に

  1. ストロングゲスト
  2. ベリーストロング
  3. ストロング
  4. ミディアム
  5. ウィーク

の5種類です。

強いステロイドほど体内への

吸収率が高いので効果も

高くなりますが、扱いも難しいです。

これらのステロイドの中で

市販薬として販売されているのは

3、4、5のステロイドのみです。

基本的にステロイドは

炎症が強い時には強いものを使い

炎症が治まってきたら弱めのものへ

変えていくのが良いとされています。

弱すぎる軟膏を使っても

あまり効果がなく、逆に強すぎると

副作用のリスクがあります。

小さいお子さんにステロイドを

使う場合は軟膏の強さは

特に気をつけたいところです。

また、ウイルス性の皮膚疾患

(水虫、水疱瘡、帯状疱疹など)に

使うのは絶対に避けましょう。

ステロイドには免疫機能を抑制する

効果があり、ウイルスや細菌に

対する抵抗力が低下してしまうので

病状が悪化します。

また、軟膏を塗る部分によっても

薬の吸収率が異なるので

自己判断で軟膏を選択することは

非常に難しいです。

できれば皮膚科に行き医師の

診断を受けるのが良いですが

どうしても市販薬を使うという場合は

薬局やドラッグストアにいる

薬剤師さんに相談しましょう。

市販のステロイド軟膏も

種類が非常に多く素人が

見分けるのは非常に難しいので

専門の人に症状などを詳しく話して

選んでもらった方が安全かつ確実です。

スポンサーリンク

■ ステロイドの正しい塗り方

ステロイドを塗る回数は

1日に2回、多くても3回までで

2週間以上継続して使うのは

避けましょう。

ステロイドは免疫力の低下を

招くので短期間での治療

重要とされています。

もちろん、医師の指示があるのなら

その用法用量を必ず守ってください。

その実際の塗り方ですが

軟膏を塗るときは、しっかり手を

洗って清潔な状態にします。

使う量は塗る部位によっても

若干変わってきますが一般的に25g

又は50gのチューブの場合、大人の

人差し指の第一関節ぐらいの量で

0.5gと言われています。

(5gのチューブの場合は第二関節で

0.5gと言われています。)

0.5グラムあると大人の手のひら

約2枚分の面積を塗ることができます。

若干多く感じますがこれぐらいの

量を塗らないとあまり効果がありません。

患部が少しベタつくぐらいが

ちょうど良いとされています。

また、塗るときはすり込むのではなく

上から乗せるような感じで

塗るようにしましょう。

■ まとめ:正しく使えば高い効果が期待できる

ステロイド軟膏は種類や

強さなど素人が自己判断で

選ぶのは非常に難しいので

専門の医師か薬剤師に相談して

選んでもらう方が良いです。

塗り方もしっかり指示どうりに塗り

適切な方法でステロイド軟膏を

活用させましょう。

万が一、副作用や異常がある場合には

すぐに病院へ行くことを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

【身近な薬】ロキソニンとは何か?その使い方や副作用とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加