【焦らない】抜歯後に出血が止まらない原因とその応急処置法とは

syuket

抜歯をした後、適切に処置が

行われていれば数時間で

出血はある程度止まります。

しかし、抜歯した箇所(特に親知らず)

によってはなかなか出血が

止まらなかったり一度は止まっても

再び出血してしまうこともあります。

また、体質によっては止血に

時間がかかったりする場合も

あるそうです。

今回は、この抜歯後の出血を

止める方法と血が止まらない

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ ガーゼ等で止血を行う

出血部分に合う大きさの

清潔なガーゼ、ない場合は

ティッシュを丸め抜歯部分に

当てて強く噛みましょう。

おおよそ30分程強く噛み続けて

止血を行います。

通常、しっかりとガーゼを

噛み続けていば血は止まるはずです。

ちなみに、若干唾液に血が混じる程度の

出血は患部をいじらずにしばらく

じっとしていればやがて血は止まります。

(抜歯当日に完全に止血することは

殆どありません。)

見るからに出血している場合は

ガーゼを噛んで止血しましょう。

また、止血後は抜歯した部分に

血餅(口内のかさぶたのような物)が

できるので、強いうがいを避けて

再び出血することのないよう

十分気をつけましょう。

一度の止血が間に合わないなら

もう一度ガーゼを変えて

止血をしてみてください。

何度やっても止血ができない場合には

別の原因が考えられます。

スポンサーリンク

■ それでも出血が止まらない場合は

何度も止血を試したが

出血が止まらない場合は

抜歯した患部に問題があるのではなく

他に問題があるかもしれません。

特に、血液疾患、脳血管障害、

循環器疾患などの全身疾患

患っている方は出血が

止まりづらいことがあるようです。

このような疾患が関わっている

こともないとは言えないので

あまりに出血が長引く場合

出血の量が多い場合には

病院で精密検査を受けた方が良いです。

出血が止まらないのは確かに

不安ですが、かといって

慌ててしまうのも逆に危険です。

ストレスによって血圧が

上昇すればそれだけ血液が

流れるので出血が余計

止まらなくなってしまいます。

また、あまりに出血の量が多い場合は

顔を横に向けて血液を口外に

出すと誤飲や嘔吐を避けられます。

出血が酷い場合はこれ以上

悪化させないよう安静状態を維持し

できるだけ早くに抜歯した歯科医院

或いは総合病院、大学病院で

処置を受けるのが確実です。

■ まとめ:基本はガーゼでしっかり止血をするのが大事

基本的には抜歯後に出血しても

ガーゼ等でしっかり止血すれば

出血を止めることができます。

止血の際も強くガーゼを噛んで

最低でも30分はじっとしていましょう。

中途半端な止血では血は止まりません。

患者によっては何度止血をしても

出血が止まらない場合もあるので

その際はできるだけ早く病院へ行き

検査を受けることをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加