【食べちゃダメよ】歯科矯正中は控えたい3つの食べ物とは?

syokuji

歯科矯正を始めるとワイヤーなどが

歯に装着されるため食事にも

気を使う必要があります。

矯正前と同じような食事を

続けていると場合によっては

装置が外れてしまうなど

思わぬトラブルの原因となります。

また、食事が大好きな人は

辛い思いをするかもしれません。

今回は、矯正中は控えたい食べ物を

取り上げていきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

① 硬い物(煎餅やクッキーなど)

基本的なことですが

硬いものを食べると歯や

矯正装置に負担が掛かります。

(私も過去に1度、硬いものを

無理して噛んだら装置が

外れたことがありました。)

特に、せんべいや硬いスナック菓子、

クッキーなどは気をつけたいです。

ただ、時にはどうしても

これらのお菓子などを

食べたい時があるかもしれません。

そんなときは、手で細かく割り

小口にしてから食べましょう。

歯を使って割るのは厳禁です。

また、飴や氷を噛み砕くのも

しないように気をつけましょう。

割った時の衝撃で歯に大きな

負担がかかってしまいます。

あとはイカやタコなども

矯正中はかなり厳しいです。汗

私自身、イカフライだと知らずに

食べた時は全く噛み切れずに

大変な思いをしたことがあります・・・。

特に、ワイヤーを取り替えた

直後2~3日は噛むと歯が痛むので

この時には硬い物・噛み切れない物は

絶対に食べないでください。

(と言うより食べれないと思います。)

矯正中の歯は通常の歯に比べて

常に歯に負荷がかかっているので

それ以上負荷をかけるようなことは

避けるようにしたいです。

② 歯にくっつきやすい物(お餅やガム類)

歯にくっつきやすい食べ物を

食べてしまうと矯正装置が

外れる恐れがあります。

特に、お餅やガム類

(チューインガム)などは

矯正装置への負荷が大きいので

極力食べないようにしたいです。

ただ、お餅はお正月の行事で

どうしても食べなくてはならない

時があると思います。

そんなときも必ず小さく分けて

少しでも装置に負担が

掛からないように食べましょう。

また、ワイヤーなどの隙間に

熱いお餅などが引っかかると

すぐに取れず火傷をしてしまう

恐れもあるので、熱い物はある程度

冷ましてから食べると良いです。

矯正装置は物が詰まりやすく

ただでさえ食べかすを取るのが

大変なので粘着性の高い食べ物は

極力控えましょう。

③ 装置に引っかかりやすい物(ほうれん草や肉の筋など)

こちらは食べてはいけないという

訳ではありませんが

矯正装置に引っかかりやすく

手入れが大変になることがあります

何が装置に引っかかりやすいかは

実際に経験してみないと

分からないことも多いですが

個人的には、ほうれん草やごぼう、

ネギ、鶏肉の筋が良く引っかかります。

装置に引っかかりやすい物を

食べる時も、やはり小さく分けて

ちょっとずつ食べるのが良いです。

これらの物が絡まると

口を水ですすいでも

大概取れないことが多いです。

もし引っかかって気になるなら

歯ブラシや歯間ブラシなどを

活用して取りましょう。

ただ、強くゴシゴシして

無理に取ろうとするのは

装置に負担がかかるので逆効果です。

あまり力を加えずに取りましょう。

■ まとめ:これらの物は矯正を始める前に食べておく!

基本的に矯正が始まると

思うように食事ができずに

イライラしてしまうことがあります。

これから矯正を始めようという方は

これらの物を存分に食べておくと

良いかもしれません。

(もちろん食べ過ぎは良くないですが。)

矯正中にこれらの物が

どうしても食べたくなったら

小さく分けてから食べるよう

心がけましょう。

また、一度に多くの食べ物を

頬張るのも装置に負荷がかかる

原因となるので控えましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。