【なぜなくならない?】体に悪いタバコが規制されない理由とは?

batu

体に様々な悪影響をもたらすタバコ

現代においてはタバコが

体に有害な物であるということは

もはや誰でも知っていことですが

ならなぜなくならないのでしょうか。

今回は、このタバコが

なくならない理由について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ タバコはなぜなくならない?

タバコには4000種類以上の

化学物質が含まれていると

言われています。

その中には発がん性を持つ

化学物質は60種類もあります。

【デメリットしかない】タバコがもたらす5つの悪影響とは?

そんな明らかに体に有害なタバコが

なぜなくならないのかというと

タバコは法律で禁止されていないからです。

大麻などの麻薬は誰も使おうとは

思いませんが、タバコは健康を害するけど

それはあくまでも個人の自由(自己責任)

国民が認識しているからです。

日本においては未だに

喫煙率は高めだと言われており

法律を作る国会議員や政治家の人が

タバコを吸っている限りは法規制が

難しいのは明らかです。

また、長年趣向品として親しまれてきた

というのもタバコがなくならない

理由の1つと言えます。

昔からタバコは吸われていましたが

明らかに有害だとここまで強く

言われるようになったのは

比較的最近です。

ここ数年で喫煙スペースの廃止や

禁煙の店舗の増加など私自身の

周りにおいてもこの傾向は強くあります。

それでもタバコを嗜好品としている

人がいる以上はそう簡単に

規制することはできません。

タバコを吸う人がいなくなれば

タバコを規制できると思いますが

それは現状では難しいのです。

また、税収という面でも

タバコがなくならない理由として

挙げられます。

たばこ税による税収は

近年減少傾向にあるものの

毎年、おおよそ2兆円ほど

税収があります。

国はお金が必要なので

タバコを吸うなとは

強く言うことができないのです。

矛盾していますが健康よりお金

重視しているというのが

本当のところなのです。

スポンサーリンク

■ 規制するなら受動喫煙を

タバコを吸うこと自体は自己責任なので

問題ないのですが、吸わない人にまで

迷惑がかかる受動喫煙がタバコの

一番の問題となります。

いくら個人の自由だからって

他人の健康まで害を与えることは

あってはならないことです。

特に、日本は外国に比べて分煙など

受動喫煙への規制が緩いそうです。

路上喫煙や歩きタバコなど

マナーの悪い喫煙家が減らないと

今後、喫煙家はより肩身の狭い思いを

することにも繋がります。

タバコ自体を規制するのではなく

受動喫煙や喫煙マナーへの対策が

必要だと言われているのです。

■ まとめ:問題なのはマナーを守らない喫煙者

このようにタバコは未だに根強い

嗜好品であり、税収もあるので

そう簡単に規制するということは

難しいです。

私自身はタバコを全く吸わない

言わば嫌煙家という立場なので

タバコはなくなって欲しいと思います。

明らかに体に害だし、お金もかかる

ましてや周りにも迷惑をかけていると

個人的には思っています。

しかし、マナーさえしっかり守って

喫煙するならそれは個人の嗜好

範囲内であって、タバコが原因で

病気になってもそれは自己責任です。

マナーの悪い喫煙家は

淘汰されるべきですが喫煙者全てが

悪いと決め付けるのは理不尽です。

タバコに対して正しい知識を

身に付け的確に物事を

判断できるようになりましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加