【禁煙を諦めない】タバコを確実にやめるための3つの方法とは?

haizara

体に様々な悪影響を及ぼすタバコ。

そのようなことが分かっていても

どうしてもタバコを吸ってしまう。

禁煙しようと思ってもなかなか

止められなくて悩むこともあるでしょう。

私自身はタバコを吸わないので

喫煙者の本当の意味での禁煙の

辛さはわかりません。

しかし、本やSNS、ネット上には

実に様々な禁煙の成功例や失敗例が

掲載されています。

今回は、そんな数々の禁煙体験を

何時間もかけて調べてみた中で

喫煙成功の体験談に共通して

多かったポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 基本的には意識の持ち方

tabakokinen (1)

禁煙に成功する最も重要な

ポイントとして多かったのは

やはり自分自身の意識の持ち方です。

自分自身にまず、

「何のために禁煙を行うのか?」

問いただしてみましょう。

禁煙を実行するのはあなた自身なので

例えどんなに禁煙外来等のサポートを

受けたとしても、本人が再びタバコを

吸ってしまったら意味がありません。

本当にタバコをやめたいのなら

最後まで諦めずに禁煙に取り組む

その覚悟と姿勢は非常に重要です

なんとなく禁煙したいという

生半可な気持ちでは失敗してしまう

ケースがほとんどであり、逆に

過度なストレスを抱えてしまう

危険もあります。

確実に禁煙を目指すのなら、

まず禁煙の目的を明確することが

成功の第一歩と言えます。

■ ニコチン依存性であることを自覚する

tabakokituen

これまで日常的にタバコを

吸っている方は、禁煙を始めると

頭の中がタバコのことで

いっぱいになってしまうことが

あると思います。

ニコチンには依存性があるので

タバコが吸えなくなると

頭は不安を感じます。

ただ、タバコがやめられないのは

あなたの意思が弱いのが原因ではなく

ニコチンが引き起こしているのだと

と捉えることで自分はニコチン依存症に

なっていると自覚することが大事です。

自分は意思が弱いなどと、過度に自分を

責めてしまうと自己嫌悪に陥ってしまい

その不安が再びタバコを吸うことに

繋がってしまいます。

まずは原因がタバコを吸っている

自分ではなく、ニコチン依存による

ものであると自覚しましょう。

スポンサーリンク

■ タバコに対するイメージを悪くする

tabakokinen (2)

この記事を見ているあなたは

どこかで禁煙をしたいと

思っていることでしょう。

禁煙したいと思っていることは

つまり、タバコは生活に必要のない物

体に良くない物であると、あなたは

しっかりと自覚しているからです。

なら、そのタバコは悪いという

イメージをもっと膨らませましょう。

有り得ないぐらいに悪いイメージを

抱くようになればタバコを

吸いたくても踏みとどまることが

できるケースは意外にも多いです。

このイメージコントロールの例として

タバコ(吸うこと)は~

  • 時間とお金の無駄
  • 汚くて臭い
  • 肺がんに自らなる
  • 家族に嫌われる
  • 工場の排気ガスを直で吸っているの同じ
  • ゴキブリを飲み込むのと同じ
  • タバコ会社のカモになっている

などこれ以外にも自分が

気持ち悪いと思うことを

たくさん想像してみましょう。

「タバコは美味しい」

というイメージから・・・

「タバコは気持ち悪い、やばい、

触れたくもない、消えて欲しい」

などマイナスのイメージに

切り替えることで禁煙に繋がる

ケースはかなり多いです。

■ タバコのない環境に飛び込む

tabakokinen (3)

禁煙成功の例には周囲の環境

大きく関係していた例も

かなり多くありました。

ある例に、タバコ依存の方が

思い切って喫煙が一切できない

病院に入院した例がありました。

入院中は、どんなにタバコが

吸いたくても吸えない状況

あったそうです。

最初の数日間は禁断症状に

かなり悩まされたそうですが

入院しているのでどんなにタバコが

吸いたくても吸えない状況が

続きました。

しかし、退院するころには

不思議なことにタバコを

吸いたいという欲求が全て

なくなっていたと言うのです。

このように何があっても

タバコが吸えない環境に身を置き

確実に禁煙になるまで耐え抜く

というのも一つの手かもしれません。

かなり強引な感じがしますが

例え入院でなくとも

タバコやライター灰皿など

タバコ関連の物を全て捨てる

家族・友人に禁煙の意思を表すなど

周囲の環境を変えること

意外と禁煙に繋がる人も多いです。

人間は良くも悪くも周囲の環境に

左右される生き物でもあるので

禁煙にこの特徴を活用するのも

良いかもしれません。

■ まとめ:禁煙の明確な目標を持つことが成功の秘訣!

どんなに禁煙していても一回でも

再びタバコを吸ってしまえば

全てが台無しになってしまいます。

禁煙が成功するかどうかは

その一回を踏みとどまる気持ちに

全てがかかっています。

再びタバコを吸わないためにも

できる限りの手を尽くして

本気で禁煙を目指しましょう。

そのためには、まずしっかりとした

禁煙の目的を作るところから

始めることをオススメします。

少しでも禁煙のキッカケに

繋がれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加