【帯状疱疹自体はうつらない!】原因は水ぼうそうにあった!

hihuensyoustaijyouhousin (2)

体が疲れて、免疫力が低下したときに

発症することの多い「帯状疱疹」

帯状疱疹は水疱瘡(みずぼうそう)の

ウイルスが原因となって、皮膚に

炎症を引き起こす病気です。

子供の頃に水ぼうそうにかかったことの

ある人であるならば、誰もが発症する

危険性を潜んでおり、感染力も強い

厄介な病気でもあります。

今回は、この帯状疱疹の原因等について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

帯状疱疹とは

Print

帯状疱疹とは皮膚に水ぶくれのような

腫れが発生し、その腫れが帯状に

発生するのが特徴の皮膚の病気です。

帯状疱疹を引き起こす原因は

子供の頃にかかることの多い

水ぼうそうです。

水ぼうそうのウイルスは

水ぼうそうの症状そのものが

治まったとしても、ウイルスは体内の

神経節という神経細胞の内部に

潜んでいます。

神経節に潜んでいるウイルスを

完全に排除することは不可能と

言われているため、過去に水ぼうそうに

かかったことある人であるならば

誰でも発症の危険性があります。

水ぼうそうは子供に多い病気ですが

帯状疱疹は大人になってから

その潜伏していた水ぼうそうの

ウイルスが再度皮膚を刺激することで

帯状疱疹が発生します。

帯状疱疹は若い人でも起こりますが

患者の多くは50歳以上の高齢者であり

7割以上を占めています。

「帯状」とあるように、帯のように

連なって水ぼうそうが起こるのが

特徴であり、水ぼうそうのウイルスが

潜んでいる部分を中心に水ぶくれが

発生します。

ただし、1回帯状疱疹を発症すると

水ぼうそうウイルスに対する

免疫力がつくので、2回以上

帯状疱疹を引き起こすことは

滅多にありません。

帯状疱疹が発生する原因

帯状疱疹を引き起こす根本的な

原因は水ぼうそうのウイルスですが

これは、子供の頃に水ぼうそうに

かかったことのある人なら

誰もが持っているウイルスです。

そのウイルスが実際に活動し

皮膚に影響を及ぼす時というのは

体の免疫力が低下している時です。

患者の多くが50歳以上なのも

この体の免疫力と関係しており

免疫力が低下すると、神経節に

潜んでいたウイルスが活動を始めます。

免疫力が低下する原因は加齢以外にも

ストレスや疲労といったことでも

低下するため、若い人でもストレスや

疲労がたまっていると帯状疱疹を

引き起こす可能性があります。

スポンサーリンク

帯状疱疹はうつらないのか?

hihuensyoustaijyouhousin (3)

「帯状疱疹」はもともと神経節に

潜んでいた水ぼうそうのウイルスが

原因となり、内部から起こる病気で

あるため、移ることはありません。

しかし、帯状疱疹の原因である

水ぼうそうのウイルスが移ることはあり

これまで水ぼうそうにかかったことの

ない方に移って、水ぼうそうを

発症させる可能性はあります。

逆に、水ぼうそうにかかったことのある

人には既に抵抗力があるので移ることは

ありません。

要するに、帯状疱疹は局所的に

引き起こされる水ぼうそうであるため

水ぼうそうの抵抗力を持たない人は

感染しないよう注意する必要が

あります。

特に、まだ水ぼうそうにかかった

ことのない小さいお子さんや妊婦さんに

感染すると重症化しやすいため

十分注意したいです。

水ぼうそうの感染力は強い!

uirusutaisak

水ぼうそうのウイルスは

感染力が非常に強いウイルスです。

感染経路は

  • ウイルスに触れることで感染する接触感染
  • 空気中に漂うウイルスを吸うことで感染する空気感染
  • 咳やくしゃみから感染する飛沫感染

の3つがあります。

感染力が非常に強いため、正直

ウイルスに感染しない方が難しいとも

言えますが、感染を予防するためには、

うがい、手洗いを徹底し、マスクも

着用して防ぐしかありません。

また、換気が不十分な密閉空間にいると

感染しやすくなるので、換気も

忘れずに行いたいです。

小さいお子さんであれば予防接種

受けるのも忘れないようにしましょう。

ウイルスの潜伏期間は1週間から

長くて3週間ほどなので、周りの人の

水ぼうそうが治ったとしても

しばらくは油断しないようしましょう。

もし水ぼうそうを発症したら

早めに皮膚科へ行くことが重要です。

まとめ:発症したら早めに皮膚科を受診すべき!

このように帯状疱疹は子供の頃に

感染した水ぼうそうのウイルスが

神経節に潜んでおり、体の免疫力が

低下した際に、再び神経を

刺激することで発症します。

再発することはめったにないため

帯状疱疹が現れたら早めに皮膚科を

受診して確実に治療しましょう。

また、自分は良くても水ぼうそうに

かかったことのない人に移る

危険もあるので、感染したときには

他の人に移さないよう感染予防も

忘れずに行いたいです。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加