【胆石症の原因はこれ!】乱れた食生活が一番の原因かも!

脂肪やたんぱく質を分解するために

肝臓から「胆汁(たんじゅう)」が

作られます。

その胆汁が固まってしまうことを

胆石(たんせき)といい

その胆石が本来胆汁が通る管

胆管に詰まってしまうことを

胆石症と言います。

今回は、この胆石症の原因について

解説していきます。

スポンサーリンク

胆石症の原因はこれ!

コレステロール値の上昇

yakinikukoresuteoru

胆石症を引き起こす最も大きな原因に

胆汁内のコレステロール量が

高いことにあります。

コレステロールが原因で起こる

胆石症のことをコレステロール胆石

言います。

胆石症の患者のおおよそ7割もの

人がこのコレステロール胆石と

言われており、最も一般的な

胆石症です。

通常、コレステロールは水に

溶けない成分であり、胆汁と共に

一緒に排出されています。

ただ、胆汁に含まれる胆汁酸によって

胆汁に溶けていくので、通常であれば

固まることはありません。

しかし、体内のコレステロール量が

多くなると、胆汁酸で溶かせなかった

余分なコレステロールが出るので

それが固まってしまうことで

胆石になってしまいます。

元々、日本人にはあまり見られなかった

胆石症ですが、近年は食生活が変化し、

脂質の多い食べ物を食べる機会が

増えてきたため、胆石症を発症する

人も増えてきています。

発症しやすい人は主に、

肥満体質の人だったり、高齢の人、

運動不足の人、過度の飲酒を

続けている人が該当します。

また、男性よりも女性の方が

胆石を発症するリスクが高いと

言われています。

スポンサーリンク

実は他の原因は良く分かってない!?

uirusukansensyou

コレステロール胆石の他にも

ビリルビンカルシウム結石という

細菌感染による胆石症。

胆汁に含まれるビリルビンという

成分が過剰に分泌される、または

胆汁酸の濃度が低下することで

発生する黒色石というのも

あります。

これらの2つの胆石を色素結石と

言いますが、この色素結石作られる

明確な原因は分かっていません。

細菌に感染しやすい高齢者に

多いという報告もありますが

明確な原因は不明のままです。

ただ、これらの胆石症を

発症するのは胆石症患者の中でも

稀な方であり、日本人の場合は

少ないと言われています。

まとめ:尿の色が茶色や赤色の場合には要注意!

胆石が作られる原因の大半は

体内のコレステロール量が

高いことが原因です。

日常的に、乱れた食生活が

続いているのであれば、できる限り

改善するのが望ましいです。

また、胆石症の症状の特徴として

激しい腹痛や尿の色が慢性的に茶色や

赤色といった色に変色するため

もしこれらの異常を感じた場合には

早めに内科か消化器内科を

受診しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加