【4つの対策!】手荒れや指の肌荒れの治療法はこれだ!

tearekurimutaisaku-1

何かと肌荒れが起こりやすい部分である

指先の皮膚。

水仕事などで頻繁に水に触れていたり

ストレスや栄養不足といったことが

原因となって皮膚がカサカサという

人も多いのではないでしょうか。

手荒れが起こった時には主に

  • 保湿・加湿をする
  • 水仕事など刺激の回避
  • 皮膚科を受診する
  • ステロイド剤を利用する

といったことが手荒れの治療に

繋がります。

今回は、手荒れが起こってしまった時の

対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

手荒れの治療法

保湿で乾燥を防ぐ

tearekurimutaisaku-2

保湿は手荒れの予防・治療共に

非常に重要なことです。

特に、皮膚がまだカサカサしている

程度の手荒れなら保湿を行うことで

十分手荒れを解消できます。

水仕事で指先が濡れた後に

ハンドクリームなどでの保湿を

忘れずに行いましょう。

就寝前に保湿を行うのも効果的です。

保湿剤の場合には、1日に数回ほど

こまめに保湿を行う必要がありますが

しっかりと保湿を行うことで

手荒れ改善に繋がります。

kasitukitaisaku

また、冬場は空気が乾燥する時期なので

加湿器などで室内を加湿すれば

乾燥を防ぐことができ手荒れの

症状も緩和できるため、冬場は

積極的に加湿をしましょう。

水仕事など刺激の回避

tearekurimutebukurogom

手荒れを引き起こす原因として

水仕事で皮膚の油分が流されてしまい

皮膚が乾燥することもあります。

手荒れが起こる原因はこれ!意外と繊細!

特に、洗剤やシャンプーなどに

触れてる機会が多いと、過剰に皮脂を

洗い流してしまうので、皮膚が乾燥し

手荒れを悪化させてしまいます。

水仕事を行う際には、できる限り

ゴム手袋などを付けて直接指先が

濡れないように外部からの刺激を

回避することも重要です。

ただ、人によっては直接ゴム製品や

ポリエチレンなどに触れてしまうと

かぶれる可能性もあるので、自分の

体質に合ったものを使用しましょう。

スポンサーリンク

皮膚科を受診する

issyasoudankaunseringu

手荒れの症状がひどく、かゆみや

痛みを伴う場合には、一度皮膚科を

受診することをオススメします。

特に、慢性的に手荒れが起こるといった

場合には、単なる手荒れではなく

病気が原因ということも考えられるので

時間があるのであれば、皮膚科を

受診して原因を明確にしましょう。

また、今では手荒れの治療は外部の

塗り薬以外にも、飲み薬を併用して

治療する方法もあるので、気になる方は

治療方法についても相談しましょう。

ステロイド剤を使う

手荒れでかゆみや痛みを伴う場合には

ステロイド剤を使用することで

治療を行うことが多いです。

皮膚科を受診して、手荒れと分かると

症状の状態によって保湿クリームと

ステロイドが処方されると思います。

一般的にステロイドは副作用の

心配があるので、利用にあたっては

医師や薬剤師の指示に従って用法用量を

守って使用する必要があります。

ステロイドは皮膚科を受診しなくても

薬剤師のいる薬局、ドラッグストアで

購入できるので、皮膚科へ行く

時間の無い方は薬局等でステロイドを

入手しましょう。

ただ、必ずしもステロイドでないと

治らないという訳でもないので

ステロイドを使いたくないのであれば

薬剤師や医師に相談すると良いですね。

まとめ:可能なら皮膚科の受診を!

このように手荒れは保湿をして皮膚の

乾燥を防いだり、ステロイドなどで

症状を和らげることが基本的な

治療法となります。

カサカサ程度の手荒れであれば

保湿を行うことで十分治る見込みは

ありますが、強いかゆみや痛みを

伴う場合や何度も繰り返す場合には

一度皮膚科を受診することを

オススメします。

特に、かゆくていじってしまうと

手荒れが悪化し治療も難しくなるので

できる限り早い段階で手荒れを

治していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加