虫歯でもないのに歯が痛んだり、

しみたりすることはないでしょうか?

もしかしたら、虫歯ではなくそれは

知覚過敏かもしれません。

 

食事中に痛みが起こり、なかなか

思うように物が食べられないこともあり

虫歯と並んで厄介な歯の病気です。

 

今回は、この知覚過敏とは何か、

その原因について解説していきます。

■ 知覚過敏とは

知覚過敏は、歯の内側にある組織

象牙質(ぞうげしつ)が露出してしまい

痛みを伴う歯の異常であり、知覚過敏

(象牙質知覚過敏)と呼ばれています。

 

象牙質のさらに内側には歯髄という

神経があり、象牙細管という細い管を

通して直接刺激が加わることで

痛みが発生します。

 

知覚過敏の特徴としては虫歯と違い

痛みが一時的であったり

叩いても痛みがないのが特徴です。

主に、歯磨きの時や冷たいものを

口に含んだ時に痛みが発生します。

 

また、虫歯は歯の表面に黒い点が

できるのに対して、知覚過敏の場合、

黄色っぽくなるのが特徴です。

もし歯根部分が黄色・茶色っぽく

なっている場合は注意しましょう。

 

知覚過敏は放置していると最悪

神経を抜くことにもなってしまうので

虫歯や歯周病と同じく早期発見と

治療が重要な歯の病気です。

■ 知覚過敏の原因

■ 歯根の露出

歯周病になっていたり、歯石が

歯茎と歯の間に溜まっていると

歯肉が退縮し、象牙質の部分が

露出してしまいます。

 

歯根は歯の表面よりもエナメル質が

薄くなっているため、知覚過敏の

多くは歯根にできるのが特徴です。

 

歯周病や歯茎が腫れている状態に

ある方は、知覚過敏に繋がる恐れも

あるので注意が必要です。

 

■ 酸蝕歯が原因

【虫歯とは違う!?】酸蝕歯とは一体何?その原因と治療法とは

こちらで詳しく紹介していますが

酸蝕歯(さんしょくし)は知覚過敏と

同じような痛みを伴うのが特徴です。

 

歯の表面が酸によって溶かされ

エナメル質が薄くなり象牙質の

部分に刺激が伝わってしまうことが

原因となります。

 

普段から炭酸飲料や柑橘系の果物など

酸の強い食品を摂取している方は

特に注意が必要です。

 

また、これら酸の強い食べ物を

口にした直後に、歯を磨くと

再石灰化を妨げ逆効果となるので、

歯磨きのタイミングにも注意しましょう。

 

■ 歯磨きのやり方が間違っている

間違ったブラッシングは

最も知覚過敏に繋がりやすいと

言われています。

 

上記の酸蝕歯とも関連性があり

歯を磨く際に無理に力を加えて

ゴシゴシ磨いていくとエナメル質が

削れていき象牙質がむき出しと

なってしまうことがあります。

 

特に、歯根部分はエナメル質が薄いため、

力を入れて磨いてしまうと、表面が

削れてしまい知覚過敏に繋がります。

 

ながら磨きなども力加減が

バラバラになるので歯を磨くときは

歯磨きに集中しましょう。

歯の健康をしっかり維持するには

正しい歯磨きが欠かせません。

 

また、歯磨き粉の使用量にも

十分気をつけたいです。

 

歯磨き粉の中には研磨剤

含まれているので、一度に大量の

歯磨き粉を使っているとエナメル質を

過度に削ってしまいます。

 

適量の歯磨き粉を使いつつ

正しい歯磨きを行うよう

日々心がけましょう。

 

 

■ 歯ぎしりが原因

歯ぎしりを頻繁にやってしまう

癖がある方はエナメル質を

削ってしまっているかもしれません。

 

【3つの原因】歯ぎしりの原因って何?どんな悪影響があるの?

こちらでも触れましたが

歯ぎしりは知覚過敏以外にも

様々な悪影響をもたらすため、

歯にとっては良くないことです。

 

知覚過敏を治すだけでなく歯ぎしりも

同時に治すと再発を防げる可能性が

高くなります。

 

■ 歯が外傷によって欠けている場合

何らかの外傷によって歯の

一部分が欠けてしまった場合

直接象牙質や歯髄がむき出しと

なってしまい、その部分から知覚過敏を

引き起こすことも考えられます。

 

歯が欠けてしまうと神経がむき出しの

状態となってしまい、放置していると

細菌などが侵入して、炎症を引き起こす

恐れもあります。

 

歯が欠けていないかも確認し

欠けていた場合はできるだけ早く

病院へ行き治療を受けましょう。

 

■ まとめ:一時的な痛みは知覚過敏の可能性大

このように知覚過敏は歯の

象牙質が露出し、そこから神経へ

直接刺激が伝わってしまうことで

痛みを伴います。

 

痛みが一時的という点で虫歯とは

大きく違うところですが、

痛みがないからといって知覚過敏を

放置していると、症状が悪化して

神経を抜くことにもなりかねません。

 

原因をしっかり特定して

早めに予防、治療を受けて

健康的な歯を維持していきましょう。

以上、参考になれば幸いです。