【誰でも簡単にできる】知覚過敏の歯を治す3つの治療法とは?

hamigaki

象牙質がむき出すことが

原因で発生する、知覚過敏

軽度の知覚過敏は自分でも治すことが

できるので忙しくて歯医者に

行くことができないという方でも

治すことは十分に可能です。

今回は、この知覚過敏の治し方

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ まず原因を知ることが重要

知覚過敏といっても原因が

いくつかあり、その原因によっても

治療法が変わってきます。

【5つの原因】知覚過敏とは何?何気なくやってる悪癖が原因かも

こちらも併せて参考に。

物理的な要因で歯が欠けてしまい

知覚過敏となっている場合

欠けた部分から細菌が感染し

炎症を引き起こすことがあるので

早めに病院で治療を受けましょう。

■ 知覚過敏の治し方

■ 歯周病を治す、歯石を取り除く

歯周病と知覚過敏は深く関係しており

歯周病によって歯茎が退縮すると

歯根部分の象牙質が露出することで

知覚過敏となる危険があります。

歯周病が原因で知覚過敏を

引き起こしている場合は歯周病を

治すことが知覚過敏の治療にも

繋がります。

歯周病を治すためには歯と歯茎の間の

歯垢を綺麗に取るよう歯磨きの際に

意識することが重要です。

【歯周病が原因!?】歯茎から血が出る原因とその対処法とは?

場合によっては歯茎から

出血することもあるでしょう。

ただ、しっかり歯茎との間の歯垢を

落とすのが歯周病治療の鍵となるので

唾液にちょっと混じる程度の

出血は我慢しましょう。

歯周病対策にもう一つ重要なのが

歯石の除去です。

歯石は放置しているとそこに

細菌が繁殖し、歯周病やその他の

病気を引き起こすこともあります。

歯石は歯磨きでは取れないので

歯医者さんでクリーニングを

受ける必要があります。

半年に1回?歯をクリーニングする目的とその適切な頻度とは

定期的にクリーニングを受けるのが

理想的ですが忙しい方はそう何度も

歯医者にはいけないでしょう。

しかし、歯石除去は歯の健康維持の

ためには非常に重要なことなので

時間を見つけて歯石を除去して

もらうことをオススメします。

スポンサーリンク

■ 正しい歯磨きをする

歯の健康維持全ての根幹に

あるといっても過言ではない

日々の歯磨き。

この歯磨きのやり方を間違えると

逆に歯にダメージを与えてしまう

ことにもなります。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

しっかりと正しいやり方で歯を

磨くことで知覚過敏の治療だけでなく

あらゆる歯の病気の予防としても

繋がるのでここで再確認しておきましょう。

歯磨き粉も知覚過敏に効果的な

歯磨き粉を使うのも効果的です。

syumitkt

代表的な歯磨き粉はシュミテクトですね。

よくCMでも話題となっています。

■ 酸の強い食品の摂取を控える

知覚過敏になってしまった場合

炭酸飲料や柑橘類などの酸の強い

食品の摂取はできるだけ控えた方が

良いでしょう。

変わらず酸の強い物を摂取していると

酸によってさらに歯が溶かされ

知覚過敏や酸蝕歯が進行する

恐れがあります。

知覚過敏となっているときは

できるだけ酸の強い物を

口にしないよう心がけましょう。

■ まとめ:基本は歯磨きで予防と治療もできる

知覚過敏を治すためには

まず最低限正しい歯磨きを

行うことが必要です。

正しい歯磨きは知覚過敏以外にも

虫歯や歯周病の他の病気の

予防にも繋がります。

知覚過敏を早く治したい方は

知覚過敏用の歯磨き粉を使うと

良いでしょう。

知覚過敏は放っておくと

神経を取らなくてならなないので

甘く見づ、適切な方法で歯磨きを

行い治療しましょう。

ただ、歯磨きもできない程

あまりに痛みがひどい場合には

病院へ行くことをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加