象牙質がむき出すことが

原因で発生する、知覚過敏

 

軽度の知覚過敏は自分でも治すことが

できるので忙しくて歯医者に

行くことができないという方でも

治すことは十分に可能です。

 

今回は、この知覚過敏の治し方

治療法について解説していきます。

■ まず原因を知ることが重要

知覚過敏といっても原因はいくつかあり

その原因によっても治療法が

変わってきます。

 

例えば、歯が欠けてしまって知覚過敏と

なっている場合、欠けた部分から細菌が

感染し炎症を引き起こすことがあるので

早めに病院で治療を受けることが重要です。

参考:「知覚過敏の原因はこれ!虫歯とはどう違う?

 

以下では、主に一般的な知覚過敏の

治療法について解説していきます。

 

■ 知覚過敏の治し方

■ 歯周病を治す、歯石を取り除く

歯周病と知覚過敏は深く関係しており

歯周病によって歯茎が退縮すると

歯根部分の象牙質が露出することで

知覚過敏となる危険があります。

 

知覚過敏はエナメル質の薄い歯根に

できることが多く、歯根がむき出しの

状態になってしまうことは知覚過敏を

引き起こす大きな原因の1つです。

 

そのため、腫れてしまった歯茎を

元に戻し、歯周病を治すことは

知覚過敏の治療にも繋がります。

 

歯周病を治すためには歯と歯茎の間の

歯垢を綺麗に取るよう歯磨きの際に

意識することが重要です。

 

ちなみに、歯茎の隙間を歯ブラシで

磨こうとすると時に血がまじることも

ありますが、歯周病治療のためには

ある程度の出血は我慢しましょう。

 

歯周病対策にもう一つ重要なのが

歯石の除去です。

 

歯石は放置しているとそこに

細菌が繁殖し、歯周病やその他の

病気を引き起こすこともあります。

 

歯石は歯磨きでは取れないので

歯医者さんでクリーニングを

受ける必要があります。

 

定期的にクリーニングを受けるのが

理想的ですが忙しい方はそう何度も

歯医者にはいけないでしょう。

 

しかし、歯石除去は歯の健康維持の

ためには非常に重要なことなので

時間を見つけて歯石を除去して

もらうことをオススメします。

■ 正しい歯磨きをする

歯の健康維持において最も重要なことは

日々の歯磨きです。

この歯磨きのやり方を間違えると

逆に歯にダメージを与えてしまう

ことにもなります。

 

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

しっかりと正しいやり方で歯を

磨くことで知覚過敏の治療だけでなく

虫歯や歯周病といったあらゆる

歯の異常を防ぐことができます。

 

歯磨き粉も知覚過敏に効果的な

歯磨き粉を使うのも効果的です。

 

syumitkt

代表的な歯磨き粉はシュミテクトですね。

よくCMでも話題となっています。

 

■ 酸の強い食品の摂取を控える

知覚過敏になってしまった場合

炭酸飲料や柑橘類などの酸の強い

食品の摂取はできるだけ控えた方が

良いでしょう。

 

変わらず酸の強い物を摂取していると

酸によってさらに歯が溶かされ

知覚過敏や酸蝕歯が進行する

恐れがあります。

 

知覚過敏となっているときは

できるだけ酸の強い物を

口にしないよう心がけましょう。

 

■ まとめ:基本は歯磨きで予防と治療もできる

知覚過敏を治すためには、まず正しい

歯磨きを行って、しっかりと歯と歯茎の

健康を保つことが重要です。

 

正しい歯磨きは知覚過敏以外にも

虫歯や歯周病の他の病気の

予防にも繋がります。

 

知覚過敏を早く治したい方は

知覚過敏用の歯磨き粉を使うと

良いでしょう。

 

知覚過敏は放っておくと

神経を取らなくてならなないので

痛みが小さいからと言って油断せず、

適切な方法で歯磨きを行いましょう。

 

ただ、歯磨きもできない程、

あまりに痛みがひどい場合には

病院へ行くことをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。