頻繁にのどが渇くのは糖尿病?糖尿病の症状やその治療法とは?

nodonokawak

生活習慣病の1つである糖尿病。

糖尿病には1型と2型の2種類

ありますが、1型と2型では症状や

治療法も若干異なってきます。

今回は、この糖尿病の具体的な症状や

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 糖尿病の症状

現れる症状に大きな違いはありませんが

症状の現れ方には

決定的な違いがあります。

■ 共通した症状

糖尿病に共通して現れる症状は

  • 異常な喉の渇き
  • 尿の量が多くなる
  • 疲れやすくなる
  • 急激にやせる、または体重の減少

などこの4つが代表的な症状です。

特に、喉の渇きと多尿、体重の減少は

本人が自覚していない場合も多く

周囲の人に言われて初めて

気が付くこともあるそうです。

また、糖尿病になると

冷え性になりやすいのも特徴です。

糖尿病になると血液中の血糖値が

上昇するので血液中がドロドロになり

血液の流れが悪くなります。

特に、足の指先などはその影響が

強く出やすく、冷え性のような

症状が出る場合もあります。

最悪、凍傷のように足の指先が

壊死してしまうこともあるので

ただの冷え性だと油断していると

非常に危険です。

足の感覚が鈍くなってきたという

場合は、糖尿病によって足の神経に

異常が起きているのかもしれません。

【爪も生きている】爪が壊死してしまうその3つの原因とは?

(こちらも参考になると思います。)

■ 1型の症状の現れ方

1型は糖尿病の症状が

突然やってくるのが大きな特徴と

言われています。

症状が発生するおおよそ1、2ヶ月、

あるいは数週間前に、糖尿病の

前兆である疲れや喉の渇きなどが

少しずつ発生しその後、症状が

急激に悪化することがあります。

血糖値をコントロールするインスリンが

全く分泌されなくなるので

早期に病院で治療を受けないと

昏睡状態になることもあるそうです。

また、事前の兆候として風邪と似た

症状が出るのも特徴です。

体がだるかったり、吐き気や

下痢なども伴う場合があります。

インスリンの分泌量が少なくなるので

体の細胞や臓器のエネルギーとなる

糖分が運ばれなくなるために

体が疲れやすくなるからだと

言われています。

風邪かと思って病院へ行ったら

実は1型糖尿病だったという

ケースも実際にあったそうです。

スポンサーリンク

■ 2型の症状の現れ方

2型は症状がじわじわと

進行していくので、自覚症状が

あまりなく、気づいた時には合併症を

引き起こしていることもあります。

そのため、たまたま会社などの

健康診断を受けたら糖尿病に

なっていたということもあるそうです。

糖尿病の三大合併症として

  • 糖尿病性網膜症

(最悪失明する危険があります。)

  • 糖尿病性腎症

(腎不全の危険があります。)

  • 糖尿病性神経障害

(下痢やしびれ、たちくらみなどの

神経異常による弊害が生じてきます。)

などの重病を引き起こすことにも

なりかねません。

放置していると上記の合併症以外にも

心筋梗塞や脳卒中など命に関わる

重病に繋がるので、発覚したら早期に

病院で治療を受ける必要があります。

■ 糖尿病の治療法・予防法

■ 1型の場合

1型は主に、インスリン注射での

治療が行われます。

1型はインスリンを作り出す

すい臓が殆ど機能しなくなるので

注射によって不足してしまった

インスリンを補います。

すい臓が正常にインスリンを

分泌するようなら問題ないですが

どうしても、すい臓の機能が完全に

破壊されているような場合には

すい臓移植で治療する場合もあります。

■ 2型の場合

2型の場合もインスリン注射を

行うこともありますが

根本的な治療法は生活習慣を

見直すことにあります。

どんなにインスリンを注射して

血糖値をコントロールしても

その原因となる生活習慣病が

改善されない限りは意味がないです。

病院での治療も大切ですが自分自身の

血糖値を管理できるようになるのも

治療には欠かせません。

■ まとめ:異変を感じたら早めに検査を

糖尿病は実際に発症している

本人が変化に気が付くことは難しく

周囲の人に異変を指摘されて

初めて気が付くことが多いです。

本人が生活習慣に気をつけるのは

もちろんのことですが

周囲の家族や友人でも

  • 短期間で急激にやせた
  • 水分補給の量が多い
  • よくトイレへ行く

など、これらの異変が見られるようなら

その異変を教えてあげることも

重要なことだと思いますね。

周囲の協力を得て糖尿病の兆候を

見逃さないようにしましょう。

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加