【足の爪は要注意】爪の正しい切り方とは?爪切りのコツを解説!

tumekiri

日々少しずつ伸びていく爪

爪が伸びすぎてしまうと

物にぶつけて折れてしまったり

汚れが溜まってしまうなどの

いろんな問題が発生します。

しかし、ただ適当に切っているだけでは

巻き爪などのトラブルが発生する

ことにもなるので、爪を切ることを

侮ることはできません。

今回は、この爪の正しい切り方や

重要なポイント等について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 爪切りのやり方

最初に爪を切るタイミングですが

できればお風呂上がりなどの

爪に水分があり、柔らかくなっている

時に切ると良いです。

人によっては爪が固く、切りづらい

場合があり、思わず切りすぎてしまう

危険もあるので。

また、勢いよく切ってしまうと

爪に負担がかかり、二枚爪に

なることがあるので、切るときは

慎重に行いましょう。

【二重爪とは違う】二枚爪とは何か?その原因や対策とは?

tumesukea

理想的な爪の形は四角形で

その尖った両端を丸く削り落とした

スクエアオフという形です。

よく爪の白い部分に沿って淵まで

きっちり切ってしまう(バイアス切り)

方もいますが、淵まで切ってしまうと

巻き爪になる恐れがあります。

かといって、角を残してしまうと

角が引っかかって思わぬケガに

繋がることがあるので危険です。

また、深爪にならないようにも

十分気をつけたいです。

深爪になってしまうと爪の

下の部分にある爪床が

露出した状態となります。

爪床はいくつもの毛細血管が

集まっているので、外傷や細菌の

感染に非常に敏感です。

場合によっては、爪床が

化膿してしまい化膿性爪囲炎という

病気になる危険があります。

淵まで切る、爪の下の皮膚が

見えるまで切るということだけは

絶対しないようにしましょう。

ちなみに、爪を切る頻度としては

1週間~2週間毎に切るのが

ちょうど良いとされています。

(生え方には個人差もあるので

あくまでも目安程度に。)

スポンサーリンク

■ 足の爪は要注意

爪を切る際に、特に気をつけたい

部分は足の爪です。

実は、足の指の骨は先端まで

生えておらず、歩くときに足の指と

爪には大きな負担がかかっています。

極端な話、あの小さな指と爪に

全体重がかかっているため

足の爪は体を支えるのに非常に

重要な部分とも言えます。

また、足の爪は切るほど負担が

増えるとも言われています。

そのために、切り方が悪いと

足の爪に痛みを生じたり

爪が変形してしまうことがあります。

爪床が見えるほどの深爪は

絶対に避けたいところです。

すぐに変形することはないですが

何年も爪の切り方を間違えていると

大きく変わってしまいます。

たかが爪を切る簡単なことですが

あまりに手入れが雑だと最悪

歩行困難になる危険もあります。

足の爪は体の全体重がかかっている

ということを意識して爪のケアも

しっかり行いたいです。

■ まとめ:深く切りすぎないように気を付けよう

爪は思っている以上に繊細で

尚且つ日常生活の中でも

非常に重要な役割を持っているので

爪を切る際は深く切りすぎないよう

十分に気をつけたいです。

スクエアオフの形になるよう

一本一本丁寧に爪を切りましょう。

正しいやり方で爪を切れば

巻き爪や化膿性爪囲炎などの

爪のトラブルも防げますよ。

以上、参考になれば幸いです。

巻き爪とは?その原因は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加