【皮膚がんかも!?】爪に黒い線ができる5つの原因とは?

体の健康状態が最も反映されやすい

部位とも言われている爪

そんな爪も場合によっては黒く

変色することもあります。

爪の色やその変色の形によっても

裏に潜んでる病気が分かることも

あるため、爪の状態も定期的に

確認していれば、病気の早期発見に

役立つかもしれません。

今回は、爪に黒い線ができる原因や

その治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 爪に黒い線が出る原因とは

基本的に、黒い線は縦線の

場合が多く、これには様々な

原因があります。

■ 色素沈着によるもの

taiyoukosikiso

主に、10代後半の方にできる

黒い線の大半はこの色素沈着に

よるものだと言われています。

爪の部分にメラニン色素

増加することで発生します。

基本的に、ほくろと同じような

ものなので、身体へ害はありません。

しかし、場合によっては下記の

皮膚がんということもありえるので

その色や形をよく観察しましょう。

色素によるものは、黒というより

茶色っぽい線のことが多いので

こちらも参考にすると良いです。

茶色の縦線についてはこちら

■ 皮膚がんが原因

別名で「メラノーマ」とも言います。

足の裏に発生しやすいがんですが

爪にも発生することがあります。

主に、中年の方に発生しやすく

初期症状は見た目も通常の色素沈着と

非常に似ているため

素人が見分けるのは困難です。

しかし、皮膚がんの場合は

次第に黒い線が帯状に拡大していき

やがて爪全体が灰色や黒っぽく

変色してしまうのが特徴です。

また、境界線がぼやけていたり

黒い色素が染み出ているように

見えるのも特徴です。

黒い線が拡大していたり

濃くなっているという場合には

すぐに皮膚科で検査を受けましょう。

スポンサーリンク

■ 加齢によるシワ

tenohirasiwa

実は老化することで爪にも

シワができることがあります。

老化が原因の場合は黒い線だけでなく

白い線などもできることがあります。

シワの場合は40代前半ごろから

多くの人に見られる傾向にあるので

特に病気ではありません。

■ 外的刺激によるもの

爪に何らかの大きな衝撃や

強い負荷がかかると爪の内部が

出血することもあります。

爪甲化出血」とも言います。

外的刺激の場合は刺激を受けたあと

突然出現し、爪が伸びるにしたがい

次第に先端に押し上げられ

自然に消えていくのが特徴です。

形も血豆のような黒い斑点ができます。

足への負担が大きい運動や

ギターなど爪に負荷がかかりやすい

運動を頻繁に行う方に特に

多いそうです。

ただ、もしも出血の量が多かったり

強い痛みを伴う、爪が剥がれるなどの

重症の場合には早めに皮膚科を

受診しましょう。

■ アジソン病になっている

hukujin

こちらはホルモンの異常より

発生します。

ホルモンが作られているのは

主に副腎で、この副腎の働きが

低下すると爪に黒い線が入ると

言われています。

また、この病気の場合は爪以外にも

他の皮膚にも色素沈着が発生する

だけではなく、食欲不振や低血圧、

低血糖などの全身的な症状が出る

場合もあります。

副腎に何らかの異常があって

発生するので、爪以外にも全身的に

不調があるようなら早めに内科

検査を受けた方が良いです。

■ まとめ:黒い線が現れたら皮膚科へ行くべき

このように爪に黒い線が

できるのには、身体に何らかの

問題が発生しているのが原因です。

ただし、その原因も数多く

個人差もあるため素人が原因を

特定するのは非常に難しいです。

最悪皮膚がんということもあるので

外傷など身に覚えがないのに

黒い線ができた場合には

できるだけ早くに皮膚科へ行き

検査を受けるのが確実です。

早期に原因を特定しましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加