皆さんは虫歯治療で詰めた詰め物が

取れてしまった経験はないでしょうか。

 

私自身も小さい頃はキャラメルや

ハイチュウなどのチューイングガムを

食べている時に、その吸着力で

取れてしまった経験があります。

 

また、詰め物自体も年数が経過すると

劣化することがあるので、いつかは

取れてしまうことが考えられます。

 

今回は、そんな詰め物が

取れてしまった時の応急処置について

解説していきます。

■ 詰め物が取れてしまったら

まず、できる限り早めに

歯科医院へ予約を取って、治療を

受けられるようにしておきましょう。

 

特に、虫歯が再発して詰め物が

取れてしまうこともあるので

放置していると虫歯が悪化する

危険があります。

 

また、虫歯でなく、ただ詰め物が

取れた場合でもその部分を

放置するのは良くないです。

 

食べかすなどが詰まりやすく

虫歯になりやすいので

しっかり歯を磨くのも重要ですが

一番重要なのは早めに歯科医院で

再度詰め物を入れることです。

 

それまでは穴があいて違和感が

ありますが、食後にしっかり歯を

磨いて空いた部分に歯垢が

たまらないようにしたいです。

 

もしかしたら、神経にふれて

痛いこともあると思いますが

少しは我慢して磨き、できる限り

汚れを残さないようにしたいです。

 

また、ジュースやお菓子などの

虫歯の原因になりやすいもの

固くて歯への負担が大きいもの

食べるのは極力避ける方が良いです。

 

歯が欠けたり、虫歯になると

その分、自然な歯の部分が減るので

歯そのもの寿命が縮まることもあるので

とにかく食事とその後の歯磨きは

慎重に行いましょう。

 

ちなみに、取れた詰め物はできれば

病院へ一緒に持っていくと良いです。

■ 接着剤で修復することは絶対しない

患者さんの中にはアロンアルフアという

市販の接着剤を使って、詰め物の

代わりとして使う方もいる様ですが

これは非常に危険なので

絶対にしないようにしましょう。

 

接着剤が体に悪いことは

もちろんのこと、逆に接着剤をつけると

虫歯になりやすくなることもあります。

 

歯に詰め物を入れるのには

患部の表面の水分や細菌などを

完全に取り除かなくてはいけません。

 

これは歯科医院でないと完全に

取り除くことは難しく

素人がやると水分や雑菌が残ったまま

塞がれてしまうので、非常に虫歯に

なりやすい状態となります。

 

さらには、病院で治療を受けるときに

接着剤のせいで治療がスムースに

進まず、歯を削る必要がある場合も

考えられるので、絶対に自分で

修復はしないようにしましょう。

 

■ まとめ:早めに病院で治療を受けることが非常に重要

詰め物はどうしても年数が

経過すると劣化してしまい

いつか取れることがあります。

 

取れてしまった場合には

患部を清潔に保ちつつできる限り

早めに病院へ行き再度詰め物を

入れてもらいましょう。

 

放置していると虫歯になり

再び削ることになるので

早めの対処が重要です。

 

間違っても自分で治すことのないよう

気をつけましょう。

以上、参考になれば幸いです。