【爪がスプーン状に!】匙状爪の4つの原因とその治療法とは?

tumesupun

皆さんは爪の形について

意識したことはあるでしょうか。

正常な爪は、下の皮膚をおおっており

中央がわずかにふくらんだ

形をしていますよね。

しかし、何らかの原因によって

この爪のがスプーンのような

反り返った形になることがあります。

(専門用語で匙状爪(さじじょうつめ)と

言われています。)

今回は、この爪が反り返ってしまう

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 爪が反ってしまう原因

■ 物理的な刺激

爪は一定の柔軟性を持っていますが

日常的に指先や爪に負荷がかかる

ことが多いと次第に爪が変形して

匙状になってしまいます。

特に、重い荷物を頻繁に運んでいたり

素足で活動する機会が多い

爪への負担も大きく、物理的な要因で

匙状爪になりやすい傾向があります。

ちなみに、赤ちゃんも匙状爪に

なることがありますが、赤ちゃんの

爪はまだ薄く弱いために一時的に

匙状になっているだけであって

特に心配する必要はないです。

■ 爪の切り方が間違っている

爪の切り方を間違えてしまうと

爪の一部分に負荷がかかるようになり

爪が変形する危険が高まります。

三角形の形(スクエアカット)に

切ることは先端部分に大きな負荷を

かけることになるので特に危険な

切り方と言われています。

また、匙状爪だけでなく

巻き爪や陥入爪などの

他のトラブルにも繋がるので

爪の切り方は非常に重要です。

【足の爪は要注意】爪の正しい切り方とは?爪切りのコツを解説!

詳細はリンクに書きましたが

とにかく一番やってはいけないのが

両側面まできっちり切ることです。

tumesukea

スクエアオフという形になるよう

爪の切り方も気をつけましょう。

スポンサーリンク

■ 鉄分の不足

鉄分不足も匙状爪になる原因です。

鉄分不足は匙状爪の原因の中でも

最も多いと言われています。

特に、中高年の女性の方に多い

鉄欠乏貧血になっている場合も

要注意です。

鉄分が不足すると通常よりも

爪の強度が低下し、弱くなるために

変形してしまいます。

また、鉄分が不足していると

爪の色が白っぽかったり

灰色の様な薄暗い色になるのが

特徴です。

普段から貧血気味の方は

レバーや牛肉、たまご、ほうれん草

などの食品を積極的に摂取すると

貧血の改善だけでなく、ついでに

匙状爪の予防にも繋がります。

栄養補給にオススメのサプリはこれ!

■ 遺伝的なもの

稀にですが、生まれつき匙状爪に

なりやすかったり、元から匙状爪に

なっているという方もいます。

優性遺伝性という病気ですが

特に身体に害があるわけではなく

外見だけなので日常生活に

支障をきたすことも殆どないです。

■ 匙状爪の治療法とは

匙状爪の原因で最も多いのは

鉄分不足によるものなので

医療機関での治療法は鉄分を

含んだ内服薬が使われることが

多いと言われています。

外的な要因による匙状爪の場合は

外的要因を極力減らすことで

匙状爪も次第に改善していきます。

実際仕事で指を酷使している方に

とってみれば、それは簡単な

ことではないかもしれませんが

道具を上手く活用して少しでも

爪への負担を軽減してあげたいです。

どうしても匙状爪が気になるようなら

早めに皮膚科を受診しましょう。

■ まとめ:生活習慣が乱れている方は要注意!

匙状爪の中でも鉄分不足が

原因となっていることは非常に多く

普段から栄養バランスの良い食事を

心がけることが非常に重要です。

ただ、素人が安易に鉄分不足と

決めつけてしまうと他の原因となることを

見逃してしまう危険もあるので

できる限り一度は皮膚科を受診して

検査を受けることをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加