耳は外側から外耳、中耳、内耳と

3つの区画に区分されており

中耳炎とはその中耳の部分に

ばい菌が侵入し、炎症が起こる

病気のことを言います。

 

中耳炎は一般的に、1歳~5歳ぐらいの

小さいお子さんに多いのが特徴ですが

大人であっても中耳炎になることは

あります。

 

中耳炎は主に風邪や鼻水が

原因となることが多い病気であり

放置していると、耳の痛みや難聴で

日常生活にも支障をきたす恐れが

あります。

 

今回は、その中耳炎の症状や

原因について解説していきます!

中耳炎とはこういう病気!

mimisosikityuujien

中耳炎とは、耳の比較的内側にある

鼓膜や耳小骨といった中耳の部分に

炎症が起こる病気です。

 

また、中耳炎には大きく分けて

「急性中耳炎」

「滲出(しんしゅつ)性中耳炎」

2つの中耳炎に分けられます。

 

急性中耳炎

miminoitamityujien (2)

急性中耳炎は、風邪によって作られた

鼻水やそれに含まれるばい菌が

耳管を通って中耳腔に

逆流することによって発生します。

 

症状としては、

  • 激しい耳の痛み
  • 耳に閉塞感や違和感
  • 発熱
  • 耳だれが出る

といった症状が出ます。

 

耳の痛みや違和感は基本的に

片方の耳のみ起こることが多く

両方の耳が同時に痛むといったことは

あまりないです。

 

原因としては主に

  • 風邪で免疫力が低下している
  • 鼻水のかみすぎ

といったことが原因です。

 

耳と鼻をつなぐ耳管は構造的に

大人になるほど長くなり、体の免疫力も

強くなるので、大人が中耳炎を

発症することは少ないですが

風邪等で免疫力が低下していると

発症する恐れがあります。

 

hikoukikiatuhenka

ちなみに、飛行機内で急激に

中耳の気圧が変化することでも

一時的に中耳炎と同じような

症状が出ることがあります。

 

1日たてば症状が治まることが

殆どですが、万が一翌日になっても

症状が改善されない場合には

耳鼻科を受診した方が良いです。

滲出性中耳炎

nantyoumiminari

滲出性中耳炎とは、気圧の変化を行う

耳管部分が滲出液によってふさがれ

鼓膜の内側にある中耳内部の気圧が

変化し、鼓膜が内側に変形することで

発症する中耳炎です。

 

中耳炎としては、急性中耳炎が

悪化した形であり、とりわけ

免疫力の低い小さい子供は

この滲出性中耳炎になりやすいです。

 

症状としては

  • 無意識のうちに耳を触る
  • 難聴が起こり聴力が下がる
  • 自分の声が耳の中に響く
  • 耳に水が溜まっている感じがする

といったことが挙げられます。

 

滲出性中耳炎は、急性中耳炎と比べて

耳が痛むといった自覚症状が

少ないために、病気の発見が

遅れやすいのが厄介なところです。

 

原因としては

  • 急性中耳炎が長い間続いていた
  • 中耳炎を何度も繰り返した
  • 花粉症やアレルギー性鼻炎などで鼻水の量が多い

といったことが挙げられます。

 

最初は急性中耳炎でも放置していると

滲出性中耳炎になることもあるので

耳に違和感を覚えたらならべく

早くに耳鼻科を受診するのが

望ましいです。

 

滲出性中耳炎を放置していると

慢性中耳炎という難聴や耳だれが

慢性化し、治療も難しくなるため

早期発見・早期治療が非常に重要と

なります。

 

まとめ:違和感を感じたら早めに耳鼻科へ!

このように中耳炎は強い痛みや

難聴といった辛い症状が出るので

日常生活においても支障をきたす

恐れがあります。

 

自然に治る外耳炎と違って

中耳炎は治療を受けないと

症状が悪化してしまうので

耳に違和感を感じたらできる限り

早くに耳鼻科で検査を受けるのが

重要です。

 

特に、滲出性中耳炎は自覚症状が小さく

本人が気が付かないこともあるので

その家族や友人といった周りの人が

異変に気が付いたら伝えてあげて

早期発見につなげましょう。