【下の歯が出てる】受け口とは一体何?その原因や治療法とは?

odorok

下の歯並びが上あごよりも

前方に出ていること状態を

示す受け口。

よく上の歯並びが前方に出る

出っ歯とは対照的な状態と

言われています。

今回は、この受け口の原因や

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 受け口とは

受け口とは別の言葉で

下顎前突(かがくぜんとつ)

反対咬合(はんたいこうごう)

とも言います。

通常、正常な噛み合せにおいては

上あごの前歯は下顎の前歯に少し

かぶさるような状態です。

しかし、受け口の場合は逆で

下顎の前歯が上顎の前歯より

突出してしまう状態です。

単純に顎の形がずれている

だけでなく、歯並びがガタガタの

場合や歯が異常に傾いている

こともあるそうです。

出っ歯と同じように噛み合わせが

悪く上手く物が噛めなかったり

正しい発音ができないなど

様々な弊害が出てきます。

スポンサーリンク

■ 受け口の原因

受け口の原因には骨格などの

遺伝的なものと悪癖などの

後天的なもの2つあります。

ただ、基本的には後者の後天的な

要因によって受け口となってしまう

ことが多いそうです。

代表的な悪癖は口呼吸です。

口呼吸を行うと舌の位置が下がり

気道が狭くなるので下顎を

前に出して呼吸をします。

このような癖が続くとやがて

鼻の機能が低下し、それが上あごの

縮小に繋がることで受け口に

なってしまいます。

特に、成長期にあるお子さんは

このような悪癖があると大きく

歯並びが崩れてしまうことが

あるので気をつけたいです。

ちなみに、似た言葉にしゃくれ

ありますが、しゃくれとの違いは

この原因の違いです。

症状が似ているため一般的には

同じ意味で使われることが

多いですが厳密な意味では

しゃくれは下顎が長いことを指します。

受け口は顎自体は問題なく

下の歯が上の歯よりも

前に出ていることを指すのです。

顎が原因か、歯並びが原因かで

しゃくれと受け口は異なります。

■ 受け口の治療法

上記の顎の骨格の長さが

原因なのか、歯並びが原因なのかで

その治療法も変わってきます。

下顎が元々長く、それが原因と

なっている場合は、外科手術の

下顎骨切り手術という手術で

顎の長さを調節することが多いです。

【手術で矯正】外科矯正とは何?そのメリット・デメリットとは?

歯並びが原因となっている場合は

ワイヤー矯正で治療することが

多いです。

また、10代前半までのお子さんなら

上あごの拡大をすることで

治療を行うこともあります。

ただ、小さなお子さんの場合は

個人差も大きく、幼い時に治しても

顎の成長に併せて再び歯並びが

崩れることも場合によってはあるので

それぞれ適切な治療法は変わってきます。

一般的に子供の受け口治療は

長期的に治療を続けていかないと

治すことができない場合もあるので

自分や子供にどのような治療法が

適切かを専門医と相談しましょう。

■ まとめ:まずは受け口の原因を調べることが大事

このように受け口には骨格が

原因のものと歯並びが原因の

ものの2種類があります。

治療を行うにしても

原因によって治療法が変わるので

まずはしっかり検査を受けて

どの治療法が適切なのかを

知ることが重要となります。

特に、子供の場合は早期に

治療を始めることで骨を削るなどの

大きな治療をしなくて済む

こともあります。

受け口が気になる方は

まず病院でレントゲン等の

精密検査を受けることを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加