運動後に頭痛やめまいがするのはなぜ?その原因や予防法とは

jyoging

長時間、激しいスポーツや

ランニングなどを行った後に

なぜか突然襲ってくる頭痛。

時には、気持ち悪くて吐き気を

伴う事もあり、せっかくの運動で

良くなった気分も台無しに

なってしまいますよね。

私自身も、学生の頃は運動後に

ズキンズキンとした締め付けられる

頭痛に悩まされたことは

何度もありました。汗

実は、この頭痛は誰にでも

起こりうる頭痛で、その防ぎ方も

ちょっと気をつければできることです。

今回は、この運動後に襲ってくる

頭痛の原因や予防方について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ なぜ運動後に頭痛が起こる?

運動した後に頭痛が起こるのに

最も多い原因は、脳が酸欠

引き起こしてしまうことです。

特に、激しい運動を行うと血中の

酸素を大量に消費してしまうため

脳へ十分な量の酸素が

行き渡らなくなってしまいます。

そうなると脳はより多くの酸素を

取り入れるために血管を拡張させて

血液を大量に送り込もうとします。

そのような状態が長時間続くことで

血管の周りにある神経も刺激してしまい

偏頭痛と同じようなズキズキとした

頭痛を引き起こしてしまいます。

運動中に呼吸しっかりと呼吸が

できていなかったり、それ以上に

酸素の消費が激しい運動を行えば

頭痛を引き起こすことになります。

例えば、50メートル走などの

短時間で全力を使う必要がある競技

なんかは良い例だと思います。

スタートしてからゴールまでは

全力で走り抜けますが

その間は走りに集中していて

呼吸は殆どしていないです。

そしてゴールした後に息も乱れると

同時にしばらく頭がズキンズキンとして

めまいもするのが、正にその状態です。

(恐らく、本気で走っていれば誰もが

一度は経験したことがあるはずです。)

運動に集中していると無意識的に

呼吸が浅くなり、酸素の消費が

多くなりがちです。

また、運動中はそのことに集中していて

呼吸を自覚することが難しいために

集中力が切れた運動後に突然

襲ってくるかのように思えるのです。

つまりは酸欠による頭痛は

病気ではなく、誰にでも起こりうる

頭痛と言えます。

ただ、他にも脱水症状だったり

低血糖貧血も運動後の頭痛やめまいの

原因として考えられるので一概に

酸欠だけが原因とは言い切れません。

スポンサーリンク

■ 運動後の頭痛を予防するには

基本となる予防法は

  1. こまめに水分を補給する
  2. 塩分や糖分を摂取する
  3. クールダウンをしっかり行う
  4. 炎天下では運動しない

この4つです。

この4つは運動する上でも

最も基本かつ非常に重要なことなので

最低限必ず守りたいところです。

  • 水分補給、塩分・糖分補給

水分補給を行わないと血液が

ドロドロとなってしまい

血流が悪くなってしまいます。

また、水分だけが失われる訳でなく

同時に糖分や塩分も失われていきます。

水分・塩分・糖分の3要素は

運動には欠かせないものなので

運動する際はスポーツドリンクを

こまめに飲むようにして

脱水症状を防ぎましょう。

  • クールダウン

準備運動のストレッチも大事ですが

このクールダウンも重要です。

どんなに水分補給なども正しく

できていても、激しい運動後に

突然体を動かすのを止めてしまうと

頭痛を引き起こしてしまいます。

これは運動中は血液が筋肉に

集中していることが関係しています。

その状態で、いきなり体を

動かさなくなると筋肉に溜まった

血液が十分に流れていかないので

脳が貧血と同じ状態になるからです。

運動後はいきなり座り込んで

休むのではなく、少し歩いて呼吸を

しっかり整えてから休むように

クールダウンも忘れずに行いましょう。

  • 炎天下の運動は極力避ける

とにかく猛暑時の運動は

体力を大きく損なうだけでなく

熱中症という命に関わる病気に

繋がる危険もあります。

万全な対策をしていても熱中症を

完全に回避することは難しいので

炎天下での運動は極力避けましょう。

【必見】熱中症の応急処置はこれ!

■ まとめ

この運動後の頭痛は誰にでも

起こりうる頭痛なので基本的には

心配する必要はなく、しっかりと

呼吸を整え、水分も補給しておけば

次第に改善される頭痛です。

どうしても運動に熱中していると

酸素や体内の水分が減っていくので

こまめに休憩をはさんだり

無理な運動はしないように

気をつけましょう。

もし症状が悪化したり、頭痛が治らない

場合には、脱水症状や貧血などが

原因で頭痛が引き起こされている

こともあり得ます。

いつもとは明らかに違う

強烈な頭痛の場合には

早めに病院へ行きましょう。

【病気が原因だった!】二次性頭痛とは何か?その症状や特徴とは

こちらも記事も参考にして

いただければと思います。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加