【タコやイボとは何が違う?】魚の目の原因とその治療法とは?

魚の眼球に似ていると言われる

皮膚のできもの「魚の目」

主に、足の裏の角質が硬くなり

場合によっては痛みを伴います。

また、イボやタコといった他の

皮膚のトラブルと見分けが難しく

混同してしまいがちですが

明確な違いはあります。

今回は、この魚の目の特徴や

原因、治療法について

解説していきます。

スポンサーリンク

■ 魚の目の特徴

魚の目とは皮膚の角質の一部が

硬くなり、皮膚の深いところにまで

食い込んでしまった状態です。

基本的に、魚の目には芯があります。

一点に食い込んで皮膚が集中すると

皮膚の下にある神経を圧迫するため

押すと痛みを伴うこともあります。

似ているタコやイボとの違いは

この皮膚がどのように硬くなるかの

違いです。

タコは圧力のかかった皮膚の表面が

硬くなることで、その部分の角質が

異常に分厚くなった状態です。

タコは皮膚が内側に入っておらず

外側に盛り上がるので、芯はなく

痛みを伴うことも殆どないそうです。

イボは見た目は魚の目と

非常に似ているため素人が

見分けるのは難しいです。

ただ、イボは皮膚が盛り上がった

状態なので、表面がガサガサ

していたり、削ると小さな出血が

ありますが、痛みを伴うことは

あまりないのが特徴です。

また、イボの場合はウイルス感染

原因のため、他の場所へ移る危険が

あるのも大きな特徴です。

【ウイルスが原因】イボとは何か?その原因や治療法とは?

スポンサーリンク

■ 魚の目の原因

魚の目の主な原因は、足の形に

合っていない靴を履いたり

姿勢が悪いなどの足の一部分への

負担が大きくなることです。

負担がかかると皮膚は強い圧力から

足をを守るために、防衛反応が

働いて角質を厚くしてしまいます。

特に女性の方は、ハイヒールなど

先端が狭かったり、高さがあるので

足への負担が大きくなります。

日常的にこれらの靴を履いている方は

気をつけたいところです。

また、歩き方に歪みがあり

左右の足にかかる負担が違うと

負担が大きい方の足の裏に魚の目が

出来やすくなります。

さらには新陳代謝が悪く

冷え性になっていると足の皮膚に

十分な血液が行き届かなくなるので

これも魚の目の原因となります。

主な予防法としては

  • 連続して先端の狭い靴を履かない
  • 足のサイズに合う靴を履く
  • 底の厚い靴を履いて負担を減らす

この3つです。

特に靴のサイズは、適切でないと

魚の目以外にも巻き爪などの

リスクも高まるので慎重に

選びたいところです。

【歩き方も原因?】巻き爪とは何か?その原因や治療法とは?

■ 魚の目の治療法

  • 市販の貼り薬を使う

魚の目が小さい場合は市販の貼り薬で

治療することができます。

薬の作用で分厚くなった皮膚を

柔らかくし、芯の部分も一緒に

取り除く方法です。

supiru

代表的な市販薬はスピール膏ですね。

  • 皮膚科で治療を受ける

魚の目はイボのように芯が

あるので、芯までしっかりと

取り除かないと完全に治りません。

そのためできれば皮膚科で

治療を受ける方が確実に

治療することができ再発することも

殆どありません。

市販の貼り薬を使う場合もありますが

魚の目になっている部分を

柔らかくした後、メスやレーザーで

取り除くこともあります。

ただ、芯が深い場合は1回の治療では

完全に取りきれないこともあるので

何回か通院する必要があります。

■ まとめ

魚の目は放置していると芯が

深くなってしまい痛みも強く

歩行が難しくなります。

市販の薬でも治すことができますが

見た目がイボと似ているため素人が

判断するのは難しく、芯が残ってしまい

再発することもあります。

そのため自分で治すよりも

できれば皮膚科で治療を

受けることをオススメします。

悪化する前に早期に治療しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加