歯が二重に生えているように

見えることを指す八重歯

 

日本人は八重歯に対して

あまり悪い印象を持たないことが

多いようですが、実は海外では

かなり嫌われているということを

こ存じでしょうか。

 

外国に行くなら必ず八重歯を

治さなくてはいけないのかと

不安になってしまう方もいるでしょう。

 

今回は、そんな八重歯に対する

日本と外国の価値観の違いについて

解説していきます。

スポンサーリンク

■ 日本における八重歯の印象

人によって価値観に個人差もあるため

一概には言えませんが日本人は

八重歯に対して悪い印象を持つことは

外国に比べて少ないです。

 

これは日本人独特の文化や価値観が

関係していると言われています。

 

諸説ありますが、日本は昔から

不完全なものこそ美しいと捉える

(不揃いの美)文化があることや

「あどけなさ」を表すものとして

八重歯があるとも言われています。

 

yaeba

特に、アニメ等の二次元キャラクター

(一種の萌え要素として)八重歯が

付いているのもこれらの日本人独特の

文化や価値観が背景にあるからだと

推測できます。

 

さらには八重歯が売りのアイドルや

タレントが存在しているのも

外国との大きな違いです。

 

また、日本の矯正治療は高額なので

金銭的にも積極的に受けられる

治療ではないというのも

八重歯に悪い印象を持たないという

一つの理由かもしれません。

スポンサーリンク

■ 外国における八重歯の印象

日本ではあまり悪いイメージを

持つことのない八重歯ですが

外国ではかなり違うようです。

 

欧米の国々で八重歯は

「ドラキュラ(吸血鬼)の牙」を

表す物で不吉の象徴とされています。

 

これはキリスト教など宗教的な影響が

強いためで、特にアメリカでは

八重歯を治すのは当たり前とまで

言われるようです。

 

また、中国一部の地域でも

「虎の歯」と言われていて

縁起が良くないという八重歯に

対する印象に違いがあります。

 

ただ、グローバル化に伴う

多様な価値観が入り混じる現代

おいて八重歯が原因で必ずしも

悪い印象をもたれるということは

昔に比べて少なくなったそうです。

 

あくまでも個人の価値観や

文化的、宗教的な影響による

ものなのでそこまで神経質になる

必要はないかと思います。

 

それよりも歯の健康面で見て

悪影響をもたらしているような

八重歯を矯正で治すことの方が

個人的には重要だと思いますね。

 

■ まとめ

八重歯はその人の特徴を示す

1つの要素でもあり外国においても

文化が入り混じるようになったため

必ずしも悪い印象を与えるという

訳ではないです。

 

(ただ、移住や留学するなど

長期的に海外へ行く(住む)

予定のある方は治しておいた方が

良いかもしれません。)

 

個人的には、八重歯に対して悪い印象は

持ちませんが、歯並びが悪く虫歯や

歯周病になりやすいなど明らかに

他の歯に悪影響を与えている八重歯は

矯正で治した方が良いと思います。

 

最終的に八重歯をどう見るかは

あなたの価値観次第なのでなんとも

言えませんが健康面で見るならば

治すことをオススメします。

 

【歯並びの悩み】叢生や八重歯とは何?どのような矯正をするの?

八重歯の悪影響等はこちらの記事で

紹介しているので興味のある方は

こちらも参考にしていただければと

思います。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク