病的口臭の原因の1つである

舌苔(ぜったい)

 

一般的に舌の表面に白い苔の

ような物を示します。

 

舌に苔が生えるという

名前から想像しただけでも

気持ち悪い感じがする病気ですが

一体なにが原因で舌苔が

できてしまうのでしょうか。

 

今回は、この舌苔の原因や

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 舌苔とは

舌苔は舌の表面組織である

舌乳頭(ぜつにゅうとう)と言われる

ヒダの隙間に食べかす等が付着し

細菌が繁殖することで発生します。

 

簡単に言うと舌の表面に細菌の塊が

付着している状態です。

 

■ 舌苔の見分け方

舌苔は舌の表面に白っぽい

苔のような物を指しますが

よく見ないと健康な舌なのか

舌苔なのか分からないことも

多いです。

 

また、正常な舌にも舌苔は

付着しており、誰にでも

少しは舌苔が付いています。

 

正常の舌の場合は

  • 舌全体がピンク色
  • 舌の表面はうっすら白い

という状態です。

 

sita

舌の周りはピンクですが

奥側が若干白い色をしているのが

正常な状態の舌です。

 

異常な状態の舌、すなわち

口臭が発生するような

舌の場合は

  • 明らかに白い舌苔が付いている
  • 舌苔が黄色っぽい
  • 舌苔が黒っぽい

など明らかに通常の舌とは違うと

分かる状態を指します。

(結構ショッキングなので

画像は載せません。)

 

また、舌苔の色によっても

原因が違うとも言われています。

スポンサーリンク

■ 舌苔の原因

舌苔ができてしまう一番の原因は

唾液の分泌量が減少し口の中が

乾燥してしまうことです。

 

口の中が乾燥すると細菌の繁殖が

進み舌苔が発生します。

 

さらにもう一つの原因は

舌の表面が汚れることです。

 

歯の表面に食べかすなどの

汚れが残っていると

そこから菌が繁殖するので

舌苔が発生します。

 

その舌の汚れと口内の乾燥が

同時に起こると舌苔が

非常にできやすくなります。

 

他にもストレス性の舌苔、

免疫力低下に伴う舌苔、

喫煙が原因の舌苔、加齢による舌苔

など原因は数多いです。

 

また、基本的に舌苔は白色ですが

原因によっては色が違います。

 

黄色っぽい舌苔の場合は

タバコや胃の調子が悪い場合に

発生すると言われています。

 

黒っぽい舌苔は主に脱水状態に

あったり、高熱を発しているなど

感染症が原因のこともあります。

 

■ 舌苔の治療法

舌苔が出来てしまった場合に

焦ってむやみに取り除こうと

歯ブラシでこすってしまうと

逆に舌の粘膜を傷つけてしまう

恐れがあります。

 

また、完全に舌苔を

取り除いてしまうと口臭が

余計にひどくなる恐れがあります。

あくまでもほどほどが

ちょうど良いと言えますね。

 

舌苔を取り除く場合は

舌専用のブラシを使い舌苔を

取り除きます。

 

burasi

逆三角形▽の形をした

ブラシがそうです。

これで軽く舌を磨いて

過剰な舌苔を取り除きましょう。

 

また、実際に舌苔を取り除く

以外にも生活習慣の見直しや

口内環境を清潔に保つことも

重要です。

【意識すれば治せる!】口臭を治す為にできる3つの対策法とは?

(こちらも参考に)

 

こまめに歯を磨いたり

水分補給をして舌苔が

増殖しないようにしましょう。

 

■ まとめ:舌苔が増え過ぎてないかを要チェック!

舌苔は舌の表面に一定量は

必ず存在していますが

これが過剰に増えてしまうと

口臭が発生してしまいます。

 

舌苔は生活習慣などが原因で

発生することもあるので

規則正しい生活をするというのも

舌苔の増加を抑えられます。

 

舌は清潔にしているのに

なぜか舌苔が治らないという方は

生活習慣に問題があるのかも

しれません。

 

どうしても不安な方は歯科又は

口腔外科で診察を受けることを

オススメします。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク