「特に病気なわけでもないのに

体がだるい、頭痛やめまいもする・・・。」

このような原因不明の体の不調は

自律神経の乱れによって引き起こされる

自律神経失調症が原因かもしれません。

 

自律神経失調症は日常的に

強いストレスが積み重なると

誰にでも起こりうる可能性があり

いわば現代病とも言える病気です。

 

今回は、この自律神経失調症の原因や

症状について解説していきます。

■ 自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、特に思い当たる

原因がないにもかかわらず

体のいたるところで不調が出てくる

病気です。

 

その不調や症状は主に

  • 片頭痛
  • めまいや立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 眼精疲労
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • 下痢や吐き気
  • 不整脈
  • ドライアイ
  • のどの違和感

など、実に様々な症状があります。

 

これは自律神経が全身のいたるところに

繋がっているために発生するのです。

 

そもそも自律神経とは人間が

生きるために、意識せずとも体の

機能を制御する働きがあります。

 

例えば心臓や肺などの臓器は

意識しなくても勝手に動いてますよね。

また、ドキドキや、イライラ、

不安なども自律神経によって

コントロールされています。

 

その自律神経には交感神経

副交感神経のそれぞれ正反対の

働きをする神経に分けられ

この2つのバランスが保たれることで

人間は健康を維持しています。

 

自律神経失調症はこの2つの神経の

バランスが乱れることで体に

異常をきたし症状が現れるのです。

 

■ 交感神経とは

交感神経は日中の活動している時や

緊張しているとき、ストレスを

受けたときに働く神経です。

 

簡単に言ってしまえば昼間の間に

働く神経とも言えます。

 

この神経があるおかげで

生活に必要なあらゆる行動

(運動やスポーツ、仕事、勉強など)

が可能になります。

 

例えば、何かスピーチをするときに

緊張してしまうのも、交感神経が

働いているからです。

 

しかし、あまりに強い緊張やストレスを

受けると、過剰に反応してしまい

腹痛や下痢など逆に不調になります。

【ストレスも原因!】腹痛を引き起こす4つの原因とは?

■ 副交感神経とは

副交感神経は主に、体を

休めている時だったり、就寝中の

体がリラックスしている時に

働く神経です。

 

簡単に言ってしまえば

活動が少なくなる夜に働く神経です。

 

副交感神経は、体中の疲れを取り除く

働きがあります。

 

例えば、疲れている時に早めに寝て

起きた時に疲れが取れているのは

まさに副交感神経のおかげです。

 

逆に、この副交感神経が正常に

機能しなくなると、疲れが十分に

取れなかったり、体調不良を

引き起こす原因となります。

 

■ 原因は何にあるのか

この2つの自律神経のバランスが

乱れる原因はストレスにあります。

 

人によってもストレスに対する

耐性は違いますが、強いストレスを

絶え間なく受けることで自律神経が

乱れる可能性が高くなります。

 

また、単にストレスといっても

イライラや不安などの精神的な

ストレスだけでないです。

 

生活習慣が乱れて疲れが溜まっていたり

姿勢が悪くて肉体的に負担が

かかっていたり、大気汚染によって

環境が悪いなどと、いったことも

ストレスとなります。

 

特に、昼夜が逆転した生活

送っているとこのバランスが

乱れやすくなると言われています。

 

不健康な生活や環境の殆どが

身体から見れば全てストレスに

なっていると思った方が良いです。

 

■ まとめ

現代社会はストレス社会とも

言われるだけあり日常的にストレスを

受ける機会が非常に多いです。

 

ストレスそのものを回避することは

難しいですが、できる限り自律神経を

乱さないよう、まずは生活習慣を

見直して健康的な生活を目指しましょう。

 

原因不明の症状が続いたり

強いストレスを受けている場合には

一度、心療内科を受診することを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。