「朝起きたら頭がズキズキする・・・」

「頭が痛くてしかも気持ち悪い・・・」

皆さんはこのような経験をしたことが

あるでしょうか。

 

頭痛がある間は脳も上手く回転せず

集中することもできませんよね。

さらに吐き気も伴うと気分は最悪です。

 

今回は、この寝起きの

頭痛や吐き気の原因や

対処法について解説していきます。

■ 頭痛の応急処置

とにかく頭痛がして気持ち悪い場合には

水分をこまめに取り安静にしましょう。

頭痛薬もあるなら使った方が良いです。

 

ただし、二日酔いが原因だと

分かっている場合は頭痛薬は

飲まないようにしましょう。

 

アルコールの影響で薬の効果が

過剰に作用されて、胃の不調や

肝機能障害といった強い副作用が

出る危険があります。

 

また、体を動かすと頭痛が響いて

余計に痛むので、できる限り

横になって安静にしましょう。

痛む部分を冷やすのも効果的です。

 

あまりに痛い場合や日常的に頭痛を

繰り返す場合は早めに神経内科か

内科へ一度受診することを

オススメします。

 

■ 朝に頭痛と吐き気が起こる原因と対策

寝起きの頭痛や吐き気の原因は

  • ストレスと睡眠不足
  • 片頭痛
  • 高血圧
  • 睡眠中の姿勢
  • 二日酔い

のどれかにあることが多いです。

以下、個々に見ていきます。

 

■ ストレスと睡眠不足

単なる睡眠不足でも頭痛を

引き起こすことがありますが

ストレスも頭痛と深い関係にあります。

 

特に、強いストレスを受けると

睡眠の質が低下して、体をしっかりと

休めることができなくなります。

 

十分に疲れが取れず、その結果として

頭痛や吐き気を伴います。

 

ストレスと言っても人によって

その度合いや耐性も違うので

自分なりに上手くストレスを

コントロールをしてストレスを

溜め込まないようにしましょう。

 

■ 片頭痛(偏頭痛)

元々片頭痛を持っている方は

朝起きた時に頭痛が起こる

可能性もあります。

 

片頭痛はズキンズキンとした

脈を打つような痛みが特徴で

吐き気やめまい、耳鳴りなども

引き起こすのが特徴です。

 

片頭痛の場合は、朝起きた際に

いきなり部屋を明るくするのではなく

少しずつ部屋を明るくしたほうが

脳への負担を抑えられます。

 

また、痛みを伴う場合には

保冷剤などを使って痛む部分を冷やし

暗い部屋で安静にしましょう。

基本的に安静にしていれば

頭痛は次第に引いていきます。

 

偏頭痛に関しては頭痛の原因が

多岐に及ぶので、詳細に関しては

【片頭痛だけではない】3つの一次性頭痛とその原因とは?」を参考にして頂ければと思います。

 

■ 高血圧

高血圧自体は、自覚症状を感じる

機会が少ないため、高血圧が原因で

頭痛が起きていると気がつかない

ケースも多いです。

 

ただ、症状としては片頭痛に

似ており、ズキズキとした痛みを

伴います。

「片頭痛かと思って病院へ行ったら

高血圧が原因でだった」という

ケースも少なくありません。

 

高血圧になると脳の毛細血管への

圧力や負担が大きくなるので

血管に過剰な負荷がかり頭痛が

発生します。

 

高血圧が原因の頭痛の場合は

高血圧そのものを治療しなくては

頭痛も治りません。

 

高血圧を放置しておくと脳出血

くも膜下出血といった重大な疾患を

引き起こす危険性もあるので

血圧が高い方は特に注意が必要です。

 

■ 就寝中の姿勢

就寝中の姿勢が悪いと血流の流れが

悪くなり、重力によって血液が

かたよってしまうため、起床時に

頭痛を伴うことがあります。

 

また、頭痛だけでなく、肩こりや

関節痛といった体の様々な部分に

痛みや違和感を伴うこともあります。

 

姿勢が悪くなる原因として多いのは

枕の大きさであり、自分の体格に

合っていない枕を使っていると

頭痛になりやすいです。

 

高さを調節したり、位置を変えて

首や肩に負担をかけないように

工夫しましょう。

 

■ 二日酔い

二日酔いの場合、自分自身で原因を

自覚できることが殆どですが

二日酔いになると強い頭痛が発生し

吐き気とだるさも伴うため、意識が

朦朧としてしまうこともあります。

 

二日酔いの基本となる対処法も

やはり水分補給です。

 

特に、二日酔いの場合は、

アルコールを分解するために

体内の水分が大きく失われるので

水分補給は最も重要な対処法と

言えます。

 

二日酔いの対処法については

【すぐにでも治したい】二日酔いの頭痛や吐き気の治し方とは?」を参考にしていただければと思います。

 

■ まとめ:水分補給と安静が重要

寝起きの頭痛にも実に様々な

原因が考えられるので対処法も

原因によって多少異なります。

 

ただし基本的には、安静にして

やたらに頭を刺激しないように

ゆっくり休むことが重要なことには

変わりありません。

 

どうしても痛みが収まらない場合には

頭痛薬を使ったり、早めに内科または

神経内科を受診することを

オススメします。

 

頭痛薬を使っても頭痛が収まらない・・・

そんなあなたに【ズツノンDrサプリ】がオススメ!

botan4